« 生命の熱をまっすぐに放つように | トップページ | 取り急ぎ… »

2005年12月11日 (日)

余韻は続くよ どこまでも

まだ昨日の興奮が残っていて、普段自分からは まずしないトラックバックを貼ったりするほど。このままでは仕事になりそうもないので(苦笑)、前の記事で触れられなかった準決勝出場者の芸人さんたちのネタにもちょっとずつ触れてみたいと思います。(すべて出演順)

2番目に出場の号泣は童話『赤頭巾ちゃん』と『金の斧・銀の斧』をもとにした話。私が『赤頭巾ちゃん』を使ったネタはパンクブーブーで見たせいか、ちょっと新鮮味がないかなあという気がしました。水中に落ちる前に斧をキャッチ!というくだりは面白かったけど。流れ星献血ネタ。献血がプリクラみたいな方式だったら…とか、ヒルが血を吸って献血するんだったら…という「もしも」の話でした。瀧上さんは はりけ~んず・前田さんの萌えゾーンに入ったみたいです(笑)。三拍子は、子供には子供目線で応えましょうというネタ。高倉さんが暴走する様は面白かったです。やっぱりチュートリアル・徳井さんに少し似てますね、顔が。鼻エンジンはいきなり「ショートコント!」と言ってやり始めるのだけど、どれもこれもぐだぐだじゃねぇか!というネタ。ボキャブラが好きだった人にはたまらないコンビですね。

サンドウィッチマンピザ屋ネタ。配達に遅れて値下げさせたら「じゃあ500円で」というのに、なぜかその後20円おつりを出すとか微妙なズレが面白くて、3回戦でも見てるのにまた笑ってしまいました。ザ・パンチは見た目がやーさん系のパンチ浜崎さんが刑事になるネタ。相方のノーパンチ松尾さんには、最初から最後までお荷物扱いされてました(笑)。チーモンチョーチュウ菊池さんの瞬発力を試すということで、「赤上げて、白上げて…」と旗上げをするのですが、旗を投げたり、ぐんぐん下げさせたりと妙な展開に。だいぶ緊張していたでしょうか?ガブ&ぴーちは3回戦で一度落ちて復活したコンビ。モテる方法というありがちなテーマでしたが、しゃべりにクセがあって、それが結構お客さんの心をつかんでたみたいです。

アップダウン野球中継。実況アナウンサーが必要のないところで疑問形の話し方をしたり、逆をやったり…というネタでした。コアはヤンキーコンビで、かつての武勇伝をちりばめた恐怖体験の話。元ヤンキーのコンビって最近特に多い気がするけど、他のコンビとの違いを出すのが難しそうですね。我が家は3人組で、1人1人順番にボケていくスタイル。プロポーズの仕方のネタでしたが、それぞれに下ネタとかデブネタとかボケのパターンがあるみたいです。5番6番言葉の乱れの話。将来的には2ちゃんねる用語がスタンダードになるかも、みたいな感じでした。そういえば、この日は同じ頃にTBSで放送されていた『爆笑問題の大バク天』に出演の若手芸人3組が出場していたんですよね。『ワイ!ワイ!ワイ!』(ファンダンゴTV)木曜メンバーぐらいのエリートぞろいですね。

その『ワイ!ワイ!ワイ!』木曜メンバーのカナリア時代劇ネタ。道で襲われた町娘を通りすがりの武士が助けるという設定でボケまくっていました。キャン×キャン結婚したいという話だったはず。アンタッチャブルが好きですか~?磁石交換留学生のネタ。永沢さんって秋田出身だったと思うのだけど、「んだ」とかさりげなく秋田弁を混ぜようとしてるんでしょうか。飛石連休お葬式の司会者ネタ。司会者をMCと呼んだり、MC宛てにお母さんから電報が届いたりとありえないお葬式になってました。U字工事タレントさんが田舎の一般家庭に泊まりに行く話。今は方言がはやっているというけど、U字工事も栃木弁がポイントみたいです。でも、田舎を訪れるタレントさんも栃木弁っていうのはアリ?

ライセンスは体力自慢から藤原さんがいじめられっ子だったのを、良いように話し続けるネタ。ポジティブシンキングかと思いきや、実は…という感じで面白かったです。レム色回文。単に回文を作るだけじゃなくて、それがショートコントみたいなストーリーになってるのがすごい。中退とは言え、さすが東大ですね。

…とこんな感じです。でも完全に記憶だけが頼りだし、受け取り方は人それぞれなので、他のブログとか掲示板とかも是非見て比べてくださいね。ちなみに私がいくつかのブログを見たところでは、同じものを見てもこうまで違うかという感想ばかりでしたが、決勝進出の有力候補としてはハリガネロックと麒麟を挙げる人が多いみたいでした。さて、明日の発表ではどうなりますやら。個人的にはもう少し昨日の余韻に浸っていたいけどね。

|

« 生命の熱をまっすぐに放つように | トップページ | 取り急ぎ… »

コメント

レム色、東大中退ですよ。
俺だったら喜んで卒業しちゃうけどなあ(苦笑)

投稿: ラム | 2006年1月 3日 (火) 11時44分

コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません。

ご指摘の通り、レム色の唐沢さんは東大中退でした。本文もこれにあわせて直しています。

これに懲りずによかったらまた遊びに来てくださいね。

投稿: Paola | 2006年1月 6日 (金) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115639/7569322

この記事へのトラックバック一覧です: 余韻は続くよ どこまでも:

» いよいよM-1グランプリ準決勝! [MMA The Orange]
いよいよ今日と明日M-1グランプリの準決勝が開催されます! お笑いブームは終息しつつある昨今ですが、やはりM-1だけは別格!そのビリビリとした緊張感はPRIDEに通じるところがあり、否応なく期待が高まってきました。 今大会の準決勝まで勝ち上がったコンビを見ると、レ...... [続きを読む]

受信: 2005年12月12日 (月) 10時49分

« 生命の熱をまっすぐに放つように | トップページ | 取り急ぎ… »