« 赤いクジラの穴から潮も出ない~ | トップページ | ごめんね、今まで黙ってて »

2006年8月31日 (木)

慈愛というのじゃないけれど

最近、とみに検索件数が増えている『やりすぎコージー』。長らくお待たせいたしました。先週のパラ軍団の話ざます。

『やりすぎコージー』(テレビ東京)

今回の企画は「浪速のかけこみ寺 パラ軍団に迫る!」。パラ軍団というのは、メッセンジャー・あいはらさんをリーダーとする恵まれない芸人さんたちのグループ。今回はリーダーのあいはらさんの他、軍団メンバーとして しましまんず・藤井さん、シンクタンク・タンクさん、元けもの道・中立さん、青空・岡さん、そして吉本新喜劇から今別府直之さんが出演しました。いや~、改めて見るとすごい。ある意味 壮観な顔ぶれです(笑)。

このメンバーは皆、あいはらさんから救いの手を差し伸べられて軍団入りしているのだとか。週5日、弟の会社でバイトをしていた長老(と言ってもまだ39歳)の藤井さん、2度目の離婚で心に傷を負っていたタンクさん、芸人の道を離れようとしていた中立さん、芸歴10年目ながら未だにバイトをしている岡さん、クビの恐怖におびえていた今別府さん。みんなそういうつらい状況の中で救ってもらっているので、口を開けば「あいはらさんのおかげ」。あいはらさんの背中からは後光がさしているように見えてきます(笑)。

しかし…。軍団のメンバーは残念の神様にも見守られているようで、藤井さんは番組のドッキリにひっかかり、驚きのあまり失禁岡さんはアジアン・隅田さんを押さえて女性芸人ブサイクランキングトップになったにもかかわらず、お金の方には結びつかず。そして今別府さんは…たぶんビミョーにずれているんじゃないかと。

事前アンケートの「失敗談」の項目は「絶対ウケると思いまして」と、なぜか年齢をごまかしていたことと小学生時代の出来事の2本立て(笑)。しかも、どちらの話も1つの文が5,6行もあるので長いわ、分かりにくいわ…。もう笑うしかありません。そして「あいはらさんに気に入られていると思うところは?」も答えは1つにおさまりきらず、「ルックス、プライド捨てっぷり、つっこみ、あいはらさんのフリに対する返しのセンス、織田裕二のモノマネのうまさ」と豪語。「返しのセンス」は、あいはらさんが「この琴別府が…」とボケると「今別府ですよ!」、さらに「琴天山はですね…」と言うと「今別府ですよ。原形とどめてないじゃないですか!」…この一連の流れのことのようです。ちなみに、翌日の『ヨシモト無限大・大阪』(ファンダンゴTV)では、「ボブ・サップ」と呼ばれると「今別府ですよ!」と返し、「ヒップホップ」と言われるとDJがスクラッチをする動きで「♪チェケチェケチェケチェケチェケラッチョ…違いますよ、今別府ですよ!」とノリツッコミをしておられました。そして問題の織田裕二さんのモノマネ。「レインボーブリッジ、封鎖できません!」と言われなければ(いや、「言われても」かも)、織田さんとは認識できないほどの仕上がりでございました。

ここまででもだいぶ濃いのに、何とそのあとに登場したのが あの清水キョウイチ郎さん。パラ軍団だったにもかかわらず、晴れの舞台の途中でキレて、結局脱退したのだそう。番組としては ここで仲を取り持って復帰させるとか、そういう意図があったのかもしれませんが、事態は思わぬ展開に。

清水さんに舞台でキレたことについて話を聞いていたところ、タンクさんが泣きたいような怒りたいような、何とも言えない表情で「(清水さんを)許せないんですよ、ホントにもう」。話を聞くと、なんと清水さんがタンクさんの家に3日に1度スクーターを倒しにきていて、挙句の果てに無言電話までかけられたといきなり先輩を糾弾。清水さんの肩を持つMCの東野幸治さんが「もしウソやったら、ボッコボコやからな!」とタンクさんに迫った上で本人の言い分を聞くと、スクーターの方は事実無根を主張。タンクさんも謝ります。そして無言電話のことを聞いてみると、「無言電話、した」と即答。…いとも簡単に認めちゃいました(笑)。今度は逆に東野さんがタンクさんに謝りますが、これが土下座。周りが止める中、東野さんは頭を下げ続けますが、当の清水さんは自分の席で呆然…。しかも無言電話をした期間が3か月と分かり、再び東野さんが土下座(苦笑)。今度は清水さん、指で「3か月」の「3」を出したまま呆然…。

で、無言電話をした理由を聞いたりしたわけですが、タンクさんの怒りは収まらず。清水さんも火に油を注ぐようなオゲレツな持ち芸をやるものだから、「お前みたいなヤツ、死ね!」とまで言い出し、番組もマズい雰囲気になりかけます(苦笑)。あの状況の中、よくぞ持ちこたえました。Thanks to MCの兄さん方。そして、やっと清水さんのパラ軍団復帰の可能性を聞くところまでたどりついたわけですが、あいはらさんの答えは「(一緒に)やりたいかやりたくないかって言ったら、やりたくないです」。しかも「おひとりで頑張ってください」とダメ押しまでされて一巻の終わり。…どうやら清水さんは、これからも青森県人のフリをして尼崎でりんごを売り続けるみたいです。

いや~、すごかった、面白かった。内容が濃すぎてまとめるのが大変なほどでした(苦笑)。「パラ軍団の仕事」って『ごきげん!ブランニュ』(朝日放送)でのことだったんですね~。『ダイナマイト関西』で大阪に遠征した時、見ようと思ってたんですが、その夜は岡さんもバイトしている北新地で楽しく盛り上がってしまい…。この阿鼻叫喚を見ると、実際の番組ではどうなってるのか気になるわ~。『やりすぎ』では「西のたけし軍団」と言われてたけど、どうですか、関西地区の方々。次の遠征はビデオデッキを借りられる宿に泊まろうかな(笑)。

※追記※ 清水キョウイチ郎さんは2006年11月4日に亡くなられました(日刊スポーツ)。ご冥福をお祈りいたします⇒雑感など

|

« 赤いクジラの穴から潮も出ない~ | トップページ | ごめんね、今まで黙ってて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115639/11690527

この記事へのトラックバック一覧です: 慈愛というのじゃないけれど:

« 赤いクジラの穴から潮も出ない~ | トップページ | ごめんね、今まで黙ってて »