« 行ってしまった… | トップページ | つぎの夜から欠ける満月より »

2006年12月10日 (日)

その先は言わないで

『M-1』準決勝@東京の続きです。前半はコチラ

他のコンビにもざっくり触れておきましょう(出演順)。ハマカーンは刑事ドラマでかっこよさをアピールするネタ。トップバッターは つらいですね。追加合格のバッドボーイズはお通夜の話。清人さんが亡くなった人の顔よりひざが気になるボケを繰り返していましたが、盛り上がり感がもうひとつだったかも。超新塾は例によってロックンロール漫才。テストの問題の間違い直しや陸上競技のスタートというシチュエーションでいろんなボケを展開してました。かなり好きだけど、『M-1』となるとなあ…。平成ノブシコブシは3回戦と同じく破天荒漫才。これもね、いいんですけどね。もっとギャップがあってもいいよね。

増谷キートンさんと椿鬼奴さんのBODYは『銀河鉄道999』を再現してましたが、最後はキートンさんが全裸になるという衝撃作(苦笑)。『銀河鉄道』と聞いて、オチはどうするんだろうと思っていましたが、ハートの強さを見せ付けました(笑)。髭男爵は3回戦同様、ショートコント仕立て。中世ヨーロッパ漫才だけで広げたら面白いのにね~、というのが我々の感想でした。えんにち、レアレアも3回戦と同じネタ。えんにちの極道替え歌はいいですね。レアレアは亀田パパのつかみがあんまり効いてないような…。本ネタは面白かったけど。カリカは漫才というより、もはや演劇。コンビ愛を見せつけながら去っていきました(笑)。

カナリアは先日の『フットボールアワーとか』で見た妙なCMソングのネタ。フライアウェイ・ワニブチって何なのさ。キャン×キャンは進路のことで親子喧嘩をする話。もうそろそろマスオさんのモノマネはいいんじゃないでしょうか。あれで引っ張られるのはツライね。ザブングルは得意の逆切れネタ。今回は野球をしていて窓を割ったという設定でした。「悔しいですっ!」だの「カッチカチやぞ!」だのといつものフレーズを散りばめつつ。ここまで来るとマストアイテムですわな。三拍子は結婚を申し込むネタ。サラッと言う「死にたいんですけど」は結局ネタとは無関係なんだけど、あれってどうなんでしょう?

ジパング上陸作戦は うまくかみ合わないというネタ。ん~、3回戦の方が良かったかもなあ。タイムマシーン3号は宅配ピザの話。デブネタをうまく盛り込んでいたし、面白かったけど、そうだなあ…大阪予選次第?磁石は恋愛相談。いろんなことを入れ込みすぎの感があって、焦点が絞りきれてなかったような。トータルテンボスはグルメレポート。面白いとは思うのですが、「所作」とかそういう言葉を「あえて持ち出してる」っぽくするのってどうかなあ?普段よく使われてる言葉ではないかもしれないけど、それを引っ張ってくることが面白さまで行くのかなと思ったりして。

ジャリズムは英語の家庭教師のネタ。これって2回戦からやってなかったっけ?1分延びた分、最初に芝居っぽくやるくだりが付け加えられてました。流れ星はMCのはりけ~んず・前田さんがお気に入り。理想の新婚生活のネタでした。POISON GIRL BANDは家探しをする話。大家さんがザリガニで家賃をうまい棒で払うとか、それはそれは独特ワールド(笑)。もう誰も口出しできません。U字工事は新しいラーメン屋さんのネタ。やりつくした感もあるけど、どうなんでしょうね。そして最後は我が家。3人で順番にボケたりつっこんだりのネタでしたが、トリを務めるのは荷が重かったんじゃないでしょうか。

というわけで、今日の大阪での準決勝の後、クリスマスイブの決勝進出者が発表されます。東京の準決勝からは、とりあえずチュートリアル、ライセンス、フットボールアワーを推しておきましょう。大阪は笑い飯、麒麟は かたいでしょうね。あとは今年いろんな賞をもらったNON STYLE、去年敗者復活戦から進んだ千鳥あたりも気になります。他には全体を通して、吉本勢以外で誰が来るのかなあ、とか。変ホ長調が来たら面白いですね。

ま、いろいろ期待しつつ、明日を迎えたいと思います。

|

« 行ってしまった… | トップページ | つぎの夜から欠ける満月より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115639/13008680

この記事へのトラックバック一覧です: その先は言わないで:

« 行ってしまった… | トップページ | つぎの夜から欠ける満月より »