« お楽しみは誰にでも | トップページ | モノにするぜ あの恋を »

2008年2月 9日 (土)

やっちゃえよ 今すぐに

さて、今日からいよいよ『R-1ぐらんぷり 2008』準決勝です。2回戦の感想を全然書けないまま、そしてファンダンゴTVでの放送もほとんど見れないまま、本日を迎えることになってしまいました。なので、雑感としてまとめておきます。

東京2回戦の2日目は会場に足を運んだわけですが、ここでも見たのはほんの一部。ただ、その中に準決勝進出者が3人も入っていたので、ある意味良いとこ取りだったかも。佐久間一行さんのコントダイジェストも、増谷キートンさんの妙なDJも、博多華丸さんのおそらく2年前に出た時にやろうとしていたであろう、イッセー尾形を思わせる、博多弁の1人コントも面白かったものねぇ…。特にキートンさんは『M-1』3回戦に続いて体調がよかったようで、今日の準決勝も是非万全の状態でいらしてほしいと願わずにいられません(笑)。

さて、今年は例年と比べると、準決勝進出者に実力派が揃ったような気がします。今までは準決勝と言えども、会場が凍りつく時も多かったりして(苦笑)、どうも『R-1』の意義さえも危ぶまれる感がありましたが、今年はいつになく楽しみ。本日の東京準決勝には、過去の決勝進出者も多く、それ以外にも今、見たい芸人さんが揃ったような気がします。

個人的には、もちろん有名どころも期待していますが、偶然1回戦で見た芋洗坂係長が気になります。2回戦はチラッとしか映らなかったのでよく分かりませんが、ダンスも交えていたようで、おそらくかなりハジケてたんじゃないかと。見た目は会社勤めというか、小さな町工場でも経営してそうな風貌のオジサンですが、1回戦ではなつかしのディスコ・ミュージック「ジンギスカン」の替え歌で爆笑をさらっていました。素人の方かと思えば、事務所に所属してるんですね。でもこれってモデル事務所?よく分かりませんが、期待しながら見たいと思います。あとは、2年前の決勝進出者の岸学さん(どきどきキャンプ)の『24』のジャック・バウアー ネタも楽しみ。コントのジャックにはどんなピンチが来るのか?あるいは全然来ないのか?(笑)でも、あの男前な声は出来そうで出来ないような気がします。

海外ドラマものと言えば、いつもはデ・ニーロのモノマネをしている、どーよのテルさんが『プリズンブレイク』のティーバッグのまねをしたネタで臨んでて、やっぱりこの辺はみんな見てるんだなあ…と思ったりしました。でも、アナゴさんなどでもおなじみ、声優・若本規夫さんの声真似のネタは去年の『M-1』で唯一アマチュアにして準決勝進出を果たした、志ん茶がやってたからなあ。若本さんネタとして、アナゴさんと『すべらない話』と両方を網羅する技を見てしまうと、すこし期待感が薄れるかもしれないですね。

その他にも2回戦敗退とは言え、面白い人たちがいたのですが、こうして準決勝進出者の顔ぶれを見ると、これから先も1人芸で笑わせてくれそうな期待感というか、裏打ちするものというか、そういったものが少しだけ足りなかったのかなあという気もしたりします。

てなわけで、本日準決勝に行ってきます。いつもと違って新鮮な気持ちで見られそうです(笑)。

※前に『トシガイ』(次長課長・河本さん出演)について書いた記事『あしたのために』を、コチラでご紹介いただきました。ありがとうございま~す。

|

« お楽しみは誰にでも | トップページ | モノにするぜ あの恋を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お楽しみは誰にでも | トップページ | モノにするぜ あの恋を »