« ふわっと最近 | トップページ | 雪が降れば ラブ »

2009年3月13日 (金)

ヒソカニ ニヤリ

しばらくライブもご無沙汰でしたが、またポツポツといろんなものを見始めています。先月はビッグポルノ、そして今月はジャルジャルを見ました。それぞれ別の意味で、多くは語れない、でも楽しいライブでした。

『ビッグポルノ・ニューイヤーコンサート』(新宿MARZ)

『すべらない話』でMVSも獲得した、吉本新喜劇の小籔さんとレイザーラモンのユニット、ビッグポルノのライブは、例によってラップとネタとVTRの3本立て。ゲストは野性爆弾とピースと宇都宮まきちゃんでした。

今回は3人でのコントやVTRがなかったのは残念だけど、レイザーラモンのコントは独特感満載でやっぱり好きだったし、小籔さんの「ゲスい話」はビッグポルノのライブだからこその内容だったし(笑)、まさにライブでなければ味わえないものだったでしょう。VTRも、AB蔵の「歌舞伎あるある」は『あらびき団』でやったバージョン以外のネタは、たぶんテレビじゃ見られないでしょうねぇ…(笑)。

ほかに、HGさんがMCの『ごきげんよう』的なトークや、RGさんがDJになってリスナーの相談に乗るコーナーもあったけど、ここでは野性爆弾とピースが軽い事故に巻き込まれていた様子(笑)。特に、大阪公演に出ていないピースは四苦八苦だったようですが、綾部さんの短時間でいろんなことや人に遭遇する話も又吉さんの残念すぎる話も面白かったですよん。

そしてラップは新曲も2曲披露。しかも、ビッグポルノ featuring まきちゃんの曲もあり、「大事な時期」(by HGさん)なのに、あんな歌詞の歌をなんのためらいもなく歌っちゃうまきちゃんに、器量の大きさを感じずにいられませんでした(笑)。

今回は、待望のビッグポルノCDも購入できてラッキー。終演後に即席サイン会があり、私もサインしてもらいたかったのだけど、ナンダカンダで止む無く断念。またチャンスがあることを祈りつつ、今年はコヤソニにも行きたいと思った、この冬一番の寒さの夜でした。

『ジャルジャルの戯 3』(きゅりあんホール)

こちらはDVD収録のためのシークレットライブ。なので、内容について細かいことはDVDを見ていただくよりほかありませんが、面白いのは間違いなしです。

知らないうちに客層がずいぶん変わり、2人が出てきた瞬間に「キャーっ!」という歓声が上がったり、オープニングVTRに「カッコいい~っ!」と今にも泣き出しそうな叫び声が聞こえたりしていましたが、コントのほうは相変わらず。バカバカしくもあり、細かいこだわりもありと、一言では言い表せない変な魅力があります。それにしても、いつの間に客層が変化したんでしょうね。テレビの力ってヤツですかね。

しかし、いまどきあんなにチューリップの曲を聞く機会ってないよなあ…(笑)。魔法の黄色い靴は誰にもあげないよ、と。

|

« ふわっと最近 | トップページ | 雪が降れば ラブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ふわっと最近 | トップページ | 雪が降れば ラブ »