2010年12月26日 (日)

いよいよ、その日がやってきた

結局、ブログの更新はできませんでした。トホホ。

今日はいよいよ新しいM-1チャンピオンが決まる日です。今年は念願かなって初出場というコンビが多く、それぞれの漫才のスタイルもさまざま。銀シャリのような正統派もいれば、スリムクラブのようなかなりの変化球もいて、M-1終了後に何か道筋をつけるような、そんな大会になりそうな気がしています。さらに、審査員として、雨上がり決死隊の宮迫さん、さまぁ~ずの大竹さんが参加。こちらも今までにない顔ぶれになり、やはりこれからを託された形なのかなあと思っています。

個人的には、どうしても笑い飯には注目せざるを得ません。最後の最後で悲願を達成するのか、はたまた無冠の帝王で終わるのか、今からちょっと吐き気がするぐらいですが(笑)、楽しみに見たいと思います。それから、もうひとつ気になるのは、スリムクラブへの反応。『エンタの神様』ではフランチェンというキャラクターが先行していて、2人そろって漫才をするという印象はなかったと思います。今日、この晴れの舞台で、とんでもないテンポとありえない展開の漫才を見せることで、審査員や一般の観客からどんな反響が出るのか、とても楽しみです。ちなみに、両国での準決勝では、決勝進出者が1組ずつ拍手や涙、歓声で迎えられる中、唯一、大爆笑で迎えられたのがスリムクラブでした(笑)。確かに面白かったけれど、まさかあの2人が選ばれるとは…という、会場中の思いがひとつになった瞬間とでも申しましょうか。

というわけで、今年も大井競馬場で敗者復活戦、そして決勝戦を見届けてまいります。こうして、冬の寒空の中、日がな1日過ごすのもこれが最後と思うと、いろんな気持ちが巻き起こりますが、とにかく最後のM-1を全力で笑いつくすのみです!頑張れ、みんな!

| | コメント (0)

2010年12月13日 (月)

M-1が終わるって

どうもごぶさたしております。すっかりツイッターの人になり、ブログはトンとご無沙汰しておりました。このブログを更新することはもうないかもな~と思いながら過ごしてきましたが、やっぱり書かなければならないみたいです。


今年で『M-1グランプリ』が終わります。


昨日、国技館での準決勝を見た帰りの電車の中、ケータイでそのニュースを見て思わず涙が出そうになりました。そして、いろんな思いが湧き上がってきました。初めて予選会場に出かけたときのドキドキ感、それからファンクラブに入ったもののチケット入手に苦労したこと、当日券を求めて朝早くから並んだ時もありました。

予選の戦いについても本当にたくさんのことが思い出されますが、チュートリアルが優勝した2006年大会、大阪の3回戦で決勝で披露した「チリンチリン」のネタを見られたこと、東京3回戦の変ホ長調の破壊力に涙を流して笑ったことは今でも忘れられません。あの年は、決勝進出者が発表になった日にチュートリアルのトークライブがあり、一緒に見に行った友達と変ホ長調の決勝進出を興奮気味に話したことを覚えています。もちろん、ほかの年にもたくさんの思い出があります。

そんな気持ちをこめながら、12月26日の決勝まで、今年の予選について書いていこうと思います。だいぶタイムラグがあるけどね。ちなみに、準々決勝@大阪については、こんなところにチラリと書いてみたりして。

というわけで、じわじわ更新しますわさ。久しぶりに皆さんどうぞよろしくね。

| | コメント (2)