« 2012年2月 | トップページ | 2014年2月 »

2012年3月11日 (日)

『めちゃ×2イケてるッ!東北とつながってるね!生放送でプレゼントSP!』で思ったこと

あれから1年です。
まだ1年前のことだからなのか、あまりにも強烈な出来事だったせいなのか、あの日のことは今でもよく覚えています。私は実家が東北で、父の仕事の都合で東北のほかのいくつかの県に住んだこともあったので、あの日夜通しテレビから流れてくる映像や情報のすべてに目や耳を疑い、とても衝撃を覚えたものです。

あの被害の甚大さには、東北に縁がある人のみならず、全国、そして世界中の人たちが衝撃を受けました。そして、あちこちからさまざまな形で支援の輪が広がり、少しでも被災した方々の力になれればと多くの人たちが考えた1年だったと思います。

そんな震災から丸1年を迎える前日の昨日、『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ)では、「東北とつながってるね!生放送でプレゼントSP!」と題して、東北で被災した方々に出演者の私物をプレゼントするという企画が放送されました。これには賛否両論あったそうですが、私はとてもよい番組だったと思っています。被災した当事者の方々のメッセージが読まれたことで、「仮設住宅で使っているボックスは透明で、下着が入れられない」というような、一見些細なことではあるけれど、住んでいる人にとっては困っていることがあるというのが分かったし、原発で働く人たちを心配しながら支える家族がいることや、津波で大きな被害にあった気仙沼で震災から3日後に救出された後、すぐ町の人のために働かなければならなかった方がいたことを、『めちゃイケ』を通して改めて知ることができました。

東北の人は我慢強く、つらくてもそれを口にできない人が多いです。「もっと大変な思いをした人がいる」と思えばなおのこと、自分なりの苦しい思いを誰かに言うことはできません。岡村さんの愛車が当たった方のメッセージに「もっともっともっと大変な経験をした人に比べれば、私達家族は幸せです。つらかった。」という言葉がありましたが、この1年は幸せであることが逆につらく苦しかったという方も多いと思います。実は海沿いの街ほどではないけれど、内陸でも震災後数日にわたってライフラインが寸断され、外は雪が降るほどの寒い時期に暖房もなく、お湯も出ない生活をしていた人たちが多くいました。でも、津波で家を流され、縁のある人を亡くした人と比べると、弱音を吐くわけにはいかなかったのです。今回の企画は、そういう「それぞれにとって未だかつてない経験をした方々」が誰に遠慮することもなく、自分や家族の本当の思いを伝えられる機会にもなったのではないかと思います。

今回出された私物をオークションにかけて募金するほうがいいと思う人もいたようですが、こういう形でプレゼントをしたからこそ、番組関係者だけでなく、視聴者も被災した人々の本当の思いを知り、改めて震災を思い出すことができたと思います。今後は出演者の皆さんの私物が縁になり、東北の人たちと本当の意味でつながりを持ち、来年も再来年もその先も、震災のことを思い出すきっかけになればといいなと思います。

東京は今日も1年前のあの日と同じで、3月だというのにまだ少し肌寒く、空は快晴です。そして奇しくも今、2時46分でした。復興にはまだまだ時間がかかると思います。みんながそれぞれに時には震災のことを思い出し、自分なりに支えていく方法を考えていけたらと思っています。

※追記※
1年前には、別のブログでこんなことを書いていました。
第17回:譲り合いの運動「ウエシマ作戦」 http://bit.ly/mN5nXL

| | コメント (0)

2012年3月 2日 (金)

3人の「Destiny」はいかに!? 『ビューティフル・サンデイ』

今週はお楽しみ週!
というわけで、今日はル・テアトル銀座で、舞台『ビューティフル・サンデイ』を見てきました。

出演は瀬奈じゅんさん、葛山信吾さんと関西ジャニーズJr.の桐山照史さん
桐山さんはジャニーズの舞台ではなく、しかもゲイ役ということで、どんなお芝居を見せてくれるのかと思っていましたが、いや~お見事。明るく見せながらも悩みを抱える役柄でしたが、しぐさや身のこなしも含め、しっかり役になりきっていました。私はジャニーズの人々を見ても、「かわいい」の感情がわいてこないのですが(笑)、今回ばかりはむむむ…。私が「かわいい」のキモチを抱く存在は、野性爆弾のくーちゃんとFUJIWARAのフジモンだけ!と思ってたんですが(それもいかがなものか・苦笑)。ほかの2人の出演者との息もピッタリでした。『Destiny』の場面は見もの…かな?

それから、宝塚を愛してやまない人々の生態を描いたマンガ『ZUCCA×ZUCA』が好きすぎる私は(でも、notヅカヲタ)、瀬奈さんについても「ああ、これがあの!」という目で見せていただきました。会場でもらった大量のチラシの中にも、かつて宝塚に在籍されていた方々が出演する舞台に関するものが多数。『ZUCCA×ZUCA』で知った名前を見つけては、「おおっ!」と若干テンションを上げておりました(苦笑)。宝塚は子供の頃に『風と共に去りぬ』を見た程度ですが、当時の友達がヅカヲタだったおかげで、『宝塚グラフ』とか『おとめ』を見せられ、結局、自分でも購入することになり…と、一時は地方に住む子供にできる範囲ではわりと深めにハマっていたわけで。ヤバイね。あれから、相当の年月を経て、今度はヅカ方面で散財の序曲が流れております。もういろいろ手一杯なんだってば!

あと、葛山さんのお芝居はあまり見たことがありませんでしたが、コミカルな場面がとってもよかったです。ちょっと意外。もっといろんなお芝居で拝見したいな、と思いました。

それと、今回は劇中曲がすべてピアノとパーカッションの生演奏だったのですが、アレ、すごくよかったです!演奏していたのは山本愛香さん。作曲も山本さんが手がけられたそうです。いろいろなところで演奏を披露している方のようなので、機会を見つけてまた見聞きしたい!と思っています。ヘアスタイルがカズコ・ホーキみたいで、カッコよかった。

そういえば、開演前にピチカートファイブが会場で流れていたけど、あれはル・テアトル銀座ではデフォルトなのかしら?それとも今回だけ?

ともあれ、2時間のお芝居を見て、心地よく劇場を後にしました。今日の舞台がDVDになるのだねぇ…。というわけで、これから見に行く方、どうぞお楽しみに!

| | コメント (2)

« 2012年2月 | トップページ | 2014年2月 »