« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月23日 (日)

4月からのテレビいろいろ

またもや久しぶりの更新となりました。
いろいろ書きたいことはあるので、ときに数か月前にさかのぼったりするかもしれません。
ま、よしなにお付き合いください。

4月に入り、新番組が始まってあれこれ見ています。
ただ、全部見るのは不可能だし、テレビは映像も音もそろった媒体で、さらにご丁寧に注目すべき場所にはテロップも入ってくる。個人的には、何かを考える余地が少ないメディアという気がして、ずっと見続けているとだんだん疲弊してきてしまうんですよね。とは言え、昨日はほぼ1日中、録画していたものを含めてテレビを見ていましたが。

とりあえず、4月の新番組で気になってるのは、こんな感じです。

●必ず毎回見ます!
・『NEO決戦バラエティ キングちゃん』(テレビ東京)
 千鳥の正しい取扱書が生まれた番組、だと思っています。前のシーズンの「ノブ嘆かせ王」では、その企画タイトルでノブさんのツッコミって嘆きなのか!そうか!ユーリカ!と今まで誰も指摘してこなかったことに気づかされました。ノブ嘆かせ王は、今シーズンもぜひお願いしたいところです。

・『架空OL日記』(日本テレビ)
 たわいのないOLたちの、なんということもない日常をつづったドラマ。特別、盛り上がることもなく、平坦な日々だけど、それはOLに限ったことではなく。キャピキャピでもイケイケでもバリキャリでもない、普通中の普通が気持ちよくて好き。バカリズムさんがシレっと溶け込んでる感じもたまりません。

・『マッサージ探偵ジョー』(テレビ東京)
 KAT-TUN中丸くん主演のドラマ。いろんな設定の探偵が主役のドラマやアニメが世にはびこる中(昨日の第3回のナレーションでは、「そしてついには『貴族なんちゃら』というヤツまで」という一言が追加されてました)、あえて登場したマッサージで事件を解決する、マッサージ探偵ジョー。マッサージのツボの位置が付いたマネキンの名前が「平匡さん」だったり、番組エンディングではジョー役の中丸くんが主題歌『お疲れサンクス』でダンスを披露したりと、これまた、世の流れにのっかりまくり。テレビ東京ならでは感のドラマで、後引く面白さを感じておりやす。

・『孤独のグルメ
 ま、見るよねー。やっぱり。
 …と言いながら、今まであんまり真剣に見てこなかったので、Huluで過去の分もチェックしなくちゃ。

他にも、野間口さんの役柄がなんだかかっこいい『CRISIS公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ)、イケメン枠が多かった北村一輝が今までと違う役回りの『4号警備』(NHK)、リアルとファンタジーの中間を行く感じが心地いい多部ちゃん主演の『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語』(NHK)は楽しみです。


●とりあえず様子見
・『ボク、運命の人です』(日本テレビ)
 限りなく、「毎回見ます!」に近いドラマ。土曜日の夜だから見れちゃう感じのファンタジーがいいな、と。ただ、亀梨くんは、「運命の人」に相手にされなかったり、会社で焼き肉おごらされちゃったりするような、少し残念なサラリーマン役なので、眉毛と目元をジャニーズな感じできっちり仕上げてこなくてもいいんじゃないかなあ…と思うんだけど。

・『真夜中』(フジテレビ)
 リリー・フランキーさんと指原莉乃さんが、真夜中の街を歩くロケ番組。夜の街を歩く番組っていうと、マツコ・デラックスの『夜の巷を徘徊する』があり、『真夜中』は後発っていう印象もあるけど、どうやって差をつけていくのかなあ。この間の銀座の深夜の回は面白かったです、とりあえず。

・『二軒目どうする?~ツマミのハナシ~』(テレビ東京)
 最近よくある、居酒屋で飲んで本音トークな番組。「松兄」ことTOKIO・松岡くんの庶民の酒場への溶け込み具合とか、NGなしでなんでもしゃべっちゃう感じとか、その辺が面白いと思うので、このままずーっとやってくれたら、結局見続けちゃうのかも。

・『笑×演』(テレビ朝日)
 これは正直、まだ面白いのかどうかよくわからない。芸人さんのネタを役者さんが演じる、というある種のネタ番組なんだけど、作り手の芸人さんと役者さんの力が全然対等じゃないし、むしろ、芸人さんがちょっと遠慮がちな感じがしてしまって、「接待」感がある気がしてしまいます。ただ、いつだったか流れ星・瀧上さんが松澤一之さんのギャグに「全然違います!」と言い切ったところは、「それだよ!」と感動しました。ちなみに、今までで一番面白かったのは、小沢仁志&小沢和義の兄弟コンビ。タイムマシーン3号のネタが分かりやすかった、というのも、2人にとってやりやすいところだったのかもね。

…あと「別格」としては、『ひよっこ』、『おんな城主 直虎』、そして、『やすらぎの郷』というところでしょうか。

忘れている番組もあると思うので、それについてはまたのちほど。

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »