2017年2月23日 (木)

久しぶりの更新は、映画『彼らが本気で編むときは、』取材の話など

いったんは「もう更新されないと思います」と言ってしまった当ブログですが、また思いつきで書いていこうかな、などと思っております。

先日、『彼らが本気で編むときは、』でメガホンをとった荻上直子監督にインタビューをしました。

「偏見をなくそう」という映画じゃない/『彼らが本気で編むときは、』荻上直子監督インタビュー | FILMAGA(フィルマガ)
https://filmaga.filmarks.com/articles/1073

今週末の公開なので、WEBをはじめ、雑誌やテレビなど、さまざまな媒体が監督や出演者の生田斗真さん、桐谷健太さんのインタビューを掲載・放送しています。

実は私、この作品は、本編を見る前に「完成披露試写会」の取材に行っていました。
そのとき、監督や出演者の皆さんの言葉から感じたのは、「ヤバい作品が来ちゃったよーっ!」でした。
なんというか、登壇している皆さんの一言一言に、「みんなが本気になり、一丸となって作った意欲作です」という想いを感じてしまったのです。

これはヤバい。試写では泣くことも覚悟しておかねばならんな。

そして後日、マスコミ試写に行ったわけですが、案の定、ほぼ号泣状態。
本編を見ながら3回泣き、さらに宣伝担当の方と話をしている最中にも思い出し泣きをしてしまうという、感動ハンパねぇし、もうこの作品が今年のベストワンでいいです、ホントに最高でした、ブラボー…と、どれだけ言葉を並べても追いつかないぐらい、とにかく「この作品のためなら何でもできる」というカラダになってしまいました(笑)。

で、荻上監督にインタビューをし、それが記事として掲載になったわけですが。

いくつかほかの記事も拝見したのですが、私がインタビューした感じとはちょっと違うなあ…というものが多いように思いました。
私は監督の想いをわりとダイレクトに聞けたのかなあ…みたいな。
それは、ほかの記事より私が書いたほうが優れているとか、そういうことではなく、あくまでも個人の純粋な印象です。
あと、媒体ごとにカラーがあるので、「こういう感じのことを聞いてまとめてください」みたいな指示が出ている場合もあり、ライターさんだけの想いを通すことができないこともあると思います。

正直、タイトルは直されるかな、と思っていたのですが、私の案がそのまま通り、「あ、いいんだ」とホッとしました。
それと、今まで「癒し系」だの「スローライフ」だのという言葉がついて回ることに抵抗していたこととか、とは言え、荻上作品の中に脈々と流れ続けているものがあるとか、その辺がうかがえたのはちょっとうれしかったな、と思います。

だけど、聞きそびれたなー、と思っていることがひとつ。
荻上監督の作品は「モノ」すら何かを語ってるんですよね。
例えば、食卓の上に残されたマグカップとか、ゴミ箱の中にたまってる、おにぎりをくるんでたビニール袋とか。
その様子が見る人にいろいろなことを想像させ、いろいろな感情を抱かせるんです。
物言わぬ「モノ」たちの雄弁さ、そして『彼らが本気で編むときは、』では、究極の「モノ」が登場し、見事な余韻を残すわけですよ!!!!そして、アタシは大号泣したわけですよ!!!!!!
ネタバレになるから言わないけど。

そんなこんなで、『彼らが本気で編むときは、』は、2月25日から全国ロードショーです。
よろしければ、インタビュー記事もご覧くださいませませ。

| | コメント (0)

2014年5月31日 (土)

あれこれ見ました。5月のまとめ~「行列の先頭25」「あんぎゃー」からジャニーズまで

またもや更新を怠っておりました。
簡単に今月見たものと感想を列挙。ほとんど自分のためのメモですな(笑)。

◆5/10(土)
「人狼の王子様 2nd season」

声優さんたちが王子様になり、人狼ゲームをするというもの。日本の漫画を英語やイタリア語に翻訳している知り合いに誘われて未知の世界に潜入しました。途中でちょっと行き違いがあったりしたような気もしたけど、お客さんたちは声優さんを近くで見られることが何よりなのよね、とジャニーズで学習した知識で理解。こちらもジャニーズ同様、生写真を販売していました。声優人気のすごさを体感したイベントでした。Grazie!

◆5/12(月)
「ジャニーズWEST コンサート デビュー記念 なにわともあれ、ほんまにありがとう! in TOKYO」

なかなか行けなかった関ジュ関係コンサート。ついにジャニーズWESTで私もデビューでございます(笑)。舞台は歌あり、新喜劇風お笑いあり、トークありと、とにかく楽しかった!うちわは桐山くんのを買いましたが、いろいろ大変だったであろう濱ちゃんが元気でよかったなあと思ってしまうのでした。

― そしてこの日は、夜にお芝居を見に行くというダブルヘッダー。

Jekyll_245「酒と涙とジキルとハイド」
作・演出は三谷幸喜さん、出演は片岡愛之助さん、優香さん、藤井隆さん、迫田孝也さんという顔ぶれ。面白くないわけがないのです。
愛之助さん演じるジキル博士は、学会での新薬発表を明日に控えながら、まだ薬ができてない!自分の中に隠されている、悪の部分を引き出すというこの新薬。翌日の学会に間に合わせるためにとった苦肉の策は、ジキル博士のダークサイドであるハイドを別の人に演じてもらう、という方法。そして呼ばれたのが、藤井さん演ずる売れない俳優・ビクターだったのでした。ところが、このニセ薬はジキル博士の婚約者・イブ(優香さん)にも思わぬ影響を及ぼすことに…。
セットも素敵で音楽も生演奏という、素敵なシチュエーションコメディでした。藤井さんの服装がかわいかった。うふ。

◆5/18(日)
「プロダクション人力舎ライブ『Spark!』」

友だちに誘われて、人力舎の若手ライブへ。吉本からも鬼越トマホーク、カート・ヤングさんが出演。久しぶりにカート・ヤングさんの「避難訓練の校長先生」のネタが見られてよかった(笑)。人力舎の若手の人たちを意外と知らない自分に気づかされました。勉強して出直します。

◆5/27(火)
「行列の先頭25」

とにかく出演者が豪華!大阪からも天竺鼠、銀シャリ、笑い飯、テンダラーが登場!!さらに、スピードワゴン、バイきんぐ、キングオブコメディ、Hi-Hi、磁石、流れ星、トップリード、風藤松原、エルシャラカーニ、 スパローズ、鬼ヶ島、ラバーガール、シソンヌ、ニューヨーク、 ジグザグジギー、三四郎、そして特別ゲストとしてかもめんたる、ナイツが出演したのですが…かもめんたるはフツーにオープニングで紹介されてしまいました(苦笑)。今回は女装はナシね。
逆に女装してたのは、シソンヌとキングオブコメディ。シソンヌは夏の単独ライブが楽しみでございます。『Spark!』もそうだけど、いっぱいネタが見られるライブはやっぱり楽しい。ただし、この日はさくらホール(渋谷)の2階席だったので、なんつーか動く芸人さんジオラマを見ているような、ちょっと不思議な感覚でした。

◆5/30(金)
「全国トークライブ あんぎゃー」

20140530_angyatokyo_3本日でございます。
今日はケンコバさんと宮川大輔さんのトークライブ「あんぎゃー」を拝見。各地で行ってきた通常版「あんぎゃー」とは違う構成らしく、今までのいろんな場所でのいい思い出や忘れられない出来事、おいしかったものなどを発表。
最悪な場所も挙げてたけど、それは土地が嫌なんじゃなく、嫌な思いをした場所という意味だとか。なぜかだれもがグイグイくる地域の人たちとのエピソードとか、ヤンキー相手にかっこいい言葉を吐いていたのに、本物の方が来たら知らんぷりを決め込んだラーメン屋さんの話とか、大勢の困った若い衆に詰め寄られたこととか、まあそんなことがあったらやっぱり行きたくなくなっちゃうし、楽しい思い出も失せてしまうかも。
とかいいながら、夏から「あんぎゃー」は2週目に入るそうです。今度はいい思い出を作ってきてください。でも、そればっかりだとおもしろエピソードがなくなっちゃうかもね。

以上、5月の見に行くスケジュールをすべて全うしました。

しかしね、もう10月のチケットを取ってたりするから怖いよね。来月は志らくさんの下町ダニーローズの「演劇らくご 芝浜」が楽しみ。

| | コメント (0)

2012年3月 2日 (金)

3人の「Destiny」はいかに!? 『ビューティフル・サンデイ』

今週はお楽しみ週!
というわけで、今日はル・テアトル銀座で、舞台『ビューティフル・サンデイ』を見てきました。

出演は瀬奈じゅんさん、葛山信吾さんと関西ジャニーズJr.の桐山照史さん
桐山さんはジャニーズの舞台ではなく、しかもゲイ役ということで、どんなお芝居を見せてくれるのかと思っていましたが、いや~お見事。明るく見せながらも悩みを抱える役柄でしたが、しぐさや身のこなしも含め、しっかり役になりきっていました。私はジャニーズの人々を見ても、「かわいい」の感情がわいてこないのですが(笑)、今回ばかりはむむむ…。私が「かわいい」のキモチを抱く存在は、野性爆弾のくーちゃんとFUJIWARAのフジモンだけ!と思ってたんですが(それもいかがなものか・苦笑)。ほかの2人の出演者との息もピッタリでした。『Destiny』の場面は見もの…かな?

それから、宝塚を愛してやまない人々の生態を描いたマンガ『ZUCCA×ZUCA』が好きすぎる私は(でも、notヅカヲタ)、瀬奈さんについても「ああ、これがあの!」という目で見せていただきました。会場でもらった大量のチラシの中にも、かつて宝塚に在籍されていた方々が出演する舞台に関するものが多数。『ZUCCA×ZUCA』で知った名前を見つけては、「おおっ!」と若干テンションを上げておりました(苦笑)。宝塚は子供の頃に『風と共に去りぬ』を見た程度ですが、当時の友達がヅカヲタだったおかげで、『宝塚グラフ』とか『おとめ』を見せられ、結局、自分でも購入することになり…と、一時は地方に住む子供にできる範囲ではわりと深めにハマっていたわけで。ヤバイね。あれから、相当の年月を経て、今度はヅカ方面で散財の序曲が流れております。もういろいろ手一杯なんだってば!

あと、葛山さんのお芝居はあまり見たことがありませんでしたが、コミカルな場面がとってもよかったです。ちょっと意外。もっといろんなお芝居で拝見したいな、と思いました。

それと、今回は劇中曲がすべてピアノとパーカッションの生演奏だったのですが、アレ、すごくよかったです!演奏していたのは山本愛香さん。作曲も山本さんが手がけられたそうです。いろいろなところで演奏を披露している方のようなので、機会を見つけてまた見聞きしたい!と思っています。ヘアスタイルがカズコ・ホーキみたいで、カッコよかった。

そういえば、開演前にピチカートファイブが会場で流れていたけど、あれはル・テアトル銀座ではデフォルトなのかしら?それとも今回だけ?

ともあれ、2時間のお芝居を見て、心地よく劇場を後にしました。今日の舞台がDVDになるのだねぇ…。というわけで、これから見に行く方、どうぞお楽しみに!

| | コメント (2)