2010年3月24日 (水)

出会いと別れの春だから

というわけで、昨日久しぶりにブログを更新しましたが、お知らせしている通り、来月、『笑うオトナどもpresents』としてオフ会を開催します。その頃には東京ではお花見も終わり、新生活にも少し慣れてきた、ぐらいの感じでしょうか。ゲストに『All About/お笑い・バラエティ番組』のライターで、ほかにも芸人さんに関する記事を数多く手がけている広川たかあきさんをお迎えして、広川さんも含めて皆さんでワイワイやれたらと思っています。是非遊びに来てくださいね。

さて、4月と言えば、テレビの世界では番組改変期。昨今の経済情勢も手伝って、またいろいろとラインナップに変化があるようです。
 ※参考:「午後7時台が激変! テレビ誌が書けない春のテレビ大改編裏事情」
     http://www.cyzo.com/2010/03/post_4119.html
   http://www.cyzo.com/2010/03/post_4131.html

昨日は日本テレビの『99プラス』が終了。いつか観覧に行ってみたい番組のひとつでしたが、それもかないませんでした。『99サイズ』の時から、残念ながら毎回、ではないけれど、レアな芸人さんも数多く出演する番組だったし、それとあいまってナインティナインのお2人の知らない一面も見られたりしたので、結構好きでよく見ていました。最終回のゲストは『99サイズ』の最終回にも登場したFUJIWARA。長い付き合いのあるコンビとのトークはやっぱり面白くて、話題は天然素材時代と今との違いの話から、岡村さんの老後の介護という将来の話まで(笑)。予定していたコーナーがなくなるほどの盛り上がりでした。

ラジオのほうでも『JUNK』の『雨上がり決死隊のべしゃりブリン!』『加藤浩次の吠え魂』が3月で終わります。どちらも長くパーソナリティを務めてこられたし、私も途中からではありますが、たびたび番組を聴き、最近では『スッキリ!』(日本テレビ)での加藤さんと「ドクロおじさん」こと宮迫さんの絡みにテンションを上げたりしたので(笑)、どちらもなくなるのはなんとも寂しい限りです。

いずれも同じぐらいの芸歴の芸人さんなので、なんとなくいろんな想像をしてしまいますが、期待をこめて、これからを楽しみにしたいところです。

そんなこんなで春爛漫の4月、オフ会をしますので、そちらもどうぞよろしくお願いいたします。詳細はコチラをどうぞ⇒ http://paola.cocolog-nifty.com/otona/2010/03/post-0da2.html

| | コメント (0)

2007年12月 5日 (水)

THE お3人様

12月になり、突然の忙しさに見舞われているアタシ。朝はぼんやり迎えるのが常ですが、最近は寝る時間がまちまちだったりして、さらにそれに拍車がかかっているような…。

で、昨日の朝。まだ寝ぼけていた時間に聞こえてきた声は……もしや笑い飯!?声はすれども姿は見えないCMだったけど、「通話無料、通話無料」と連呼する声は哲夫さんだったはず。というわけで、調べてみました。

CMはウィルコムのもの。映像は人形ですが、声はやはり笑い飯でした。今見たら、キャンペーン用のサイトも立ち上がっていましたコチラ)。「TVCM制作裏話」のコーナーもあったけど、こちらは撮影に関することで、笑い飯はさらっと紹介のみ。短いCMですからね。まだ見たことのない方は、サイトで映像を見られますので是非どうぞ。

ところが、この笑い飯のCM出演に噛みついた人が(笑)。誰あろう、吉本新喜劇の座長、小籔さんです。どうやら座長は笑い飯のお2人が、たとえ声だけであろうとも、何の断りもなしに全国放送のCMに出演していたことに憤慨しているようで(苦笑)。勝手な妄想をして怒り、さらに、笑い飯に文句を言っているように見せて実はウィルコムさんにいやらしいほどアピールするコヤブ座長(笑)。…最近聞けてなかったけど、やっぱり面白いわ~。この楽しいやり取りは現在絶賛ストリーミング配信中の『ゴー傑P』でお聞きになれますコチラ)。飽きるまで何度か聞きたいっす。

笑い飯のラジオと言えば、以前『笑い飯のトランジスタラジオくん』という番組がありました。先週、『アメトーーク!』で取り上げられていた、関西芸人の常宿「ホテルアイビス」の名前も私が最初に聞いたのは この『トランジスタラジオくん』。あのときは「言うたらあかんのちゃうん?」な雰囲気でしたが、今では番組で思いっきり取り上げてしまうのね。たとえお湯がぬるくても、たとえお風呂の排水に時間がかかっても、そんなツッコミどころ満載だからこそ番組にもなるホテルアイビス。12月23日には笑い飯にも、そして小籔さんにも、是非アイビスをご利用いただきたいものです。

■共同ブログ『笑うオトナども』は明日更新予定です。是非ご覧ください。http://paola.cocolog-nifty.com/otona/

| | コメント (0)

2006年9月 4日 (月)

Small Talk

やる気モードが下がっているときは積極的な気分転換を!というわけで、新番組とかスペシャルっぽい番組とか。

『恋愛バラエティ ピンどん』(関西テレビ)

10月からの新番組。なんと司会はチュートリアルでございます~。テレビのレギュラー番組では初めて、メイン司会者を務めるそうで、おめでたやおめでたや。恋愛バラエティと言えば、先日は『恋愛部活』(日本テレビ)にもゲストで出てたけど、今度は 訳あり女性と出会いを求める男性を結び付けましょう、という内容のようで、『恋愛部活』みたいに青春ちゃんな甘酸っぱい感じとはたぶん正反対ですね。

番組はバーの設定で、徳井さんがバーのママ、福田さんはバーテンダーに扮するそう。徳井さんは『はねるのトびら』(フジテレビ)並みのド迫力な女装でご登場なのかしら?いや、きれいではありましたが。そんなところも見どころの1つになるんですかね。もろもろ含めて楽しそうです。

放送はおそらく関西ローカルでしょう。スカパーの『関西テレビ・京都チャンネル』でやってくれれば、他の地区に住んでる人々も見られるかも。予告だけでも怖そうな心霊スポットものを続けるぐらいなら、こういう面白そうな番組をやって欲しいですが(苦笑)。とりあえず、関西テレビでのスタートは10月9日からです。

ちなみにこの番組に先駆けて、次回の『やりすぎコージー』(テレビ東京)でも恋愛バラエティが繰り広げられるみたいです。どうなる、バーのママ!

『恋愛バラエティ ピンどん』についての記事はコチラ⇒http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200609/04/ente197025.html

『JUNK』(TBSラジオ)

いつも月曜日の『JUNK2 笑い飯のトランジスタラジオくん』を担当している笑い飯が、今週金曜深夜25時からの『交流戦スペシャル』に登場します。今回は笑い飯と友近姐さんのタッグマッチ。これは面白くならないわけがないだろ~、といやがおうにも期待が高まります。

最近は『トランジスタラジオくん』も聞き逃すことが多かったけど、ポッドキャスト用も溜め込んで聞いてるけど、友近さんのライブの感想もまだメモ書きのままだけど、これは忘れず聞かねば。友近さんと笑い飯といえば、友近さんが哲夫さんに「エアコンがよくきいてる」とか、エアコンのことばかり書いたメールを送ってると言ってたのが妙に思い出されます(笑)。

ところで、全然関係ありませんが、『ダイナマイト関西』でハリセンボンの箕輪さんが登場するときの曲のタイトルとかバンドとかご存知の方、いらっしゃいませんでしょうか?毎回かっちょいいな~と思ってたんですが。どなたか知ってたら教えてくらはい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

切り過ぎの前髪

昨日も触れた『お笑いネクストブレーカー』とちょっとお知らせなど。

『お笑いネクストブレーカー』(ニッポン放送&BSフジ)

私はBS放送が見られない環境なので、ラジオで聞きました。出演は昨日の記事の通り、ピースラバーガール360°モンキーズ、パッション屋良さん。審査は審査委員長の笑福亭鶴光さんの他、審査員としてニッポン放送とBSフジの社員の方と歌のゲストとして出演したパフュームが担当しました。

まず4組がそれぞれネタを披露。トップバッターのピースは、ラジオを意識してか、いつものコントではなく漫才でした。ネタはコンビ名を決めるのにカタカナ辞典を買って来て、指差したところにしようとして当たった言葉が「スカベンジャー」。ところが、意味が「ごみをあさる人」という意味だったのでやめようということになり、ピースに落ち着いたという話から…たぶん「言葉って難しい」とかそういう内容だったと思うのですが、残念ながら失念。ご存知の方、教えて下さい。ラバーガールは、確か先日の『NHK新人演芸大賞』でもやっていた、アルバイトの面接のコント。おぎやはぎにも似た変な空気感が面白いですね。360°モンキーズは、ツッコミの杉浦さんが『とんねるずのみなさんのおかげでした』の「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」のマイナーな野球選手のモノマネでお馴染み。この得意のマイナーモノマネも交えた漫才を披露しましたが、今回はモノマネで笑わすことが目的じゃなかったので、鶴光師匠にも「誰にも分からない」と一蹴されてました(苦笑)。このコンビは、土曜日の『M-1グランプリ』2回戦でもやはり野球モノマネを入れた漫才をしていたのですが、これは『みなさんのおかげでした』を意識してるのか、はたまた標準装備なのか…。パッション屋良さんは、例によって胸をたたきまくるパッションお兄さん。ラジオは無視ですか(笑)。

続いては、トークの腕を競います。それぞれが『オールナイトニッポン』のDJという設定で、「××(コンビ名)のオールナイトニッポン!」というタイトルコールに始まる、5分程度の擬似オープニングトークをしました。お題は「貧乏」。今度は、ネタ見せの順と逆にパッションさんから挑戦します。タイトルコールでは「オールナイトニッポン」の「ン~」を強調して自分らしさを出し、DJになってもお兄さんキャラで押しまくるのですが、トークそのものは今ひとつ。あたふたする間に時間は過ぎてしまいました。360°モンキーズは焼肉が食べたいのに食べられなかった時の話をしたのですが、時間内には終わらず。その後、最後まで話すチャンスを与えられたものの、終わるまでにだいぶ時間がかかっちゃいました。ラバーガールは細かい内容は忘れてしまったのですが、講評で「2人の関係が良すぎて、2人だけの話になってしまう」といったことを言われていたように思います。最後のピースは『ワイ!ワイ!ワイ!』などでの経験が生きた感じ。他の3組が同じ話で押し通す中、子供時代のクリスマスとか芸人の貧乏生活といった話題を互いに出し合ってテンポ良く進めました。鶴光師匠にも「これが本来あるべき姿」と言われて好感触。審査員のニッポン放送の方にも誉められていました。

そして最後に、鶴光師匠がこの日の最優秀賞を発表。ひいき目に見なくてもピースだろうと思っていたら、何と選ばれたのはパッション屋良さん。審査員から「ウチよりも他の局でやっていただいて…」という声まで聞かれていたほどなんですけどね…。ご本人にとっても以外だったみたいです。この後、パッションさんには1分間のアピールタイムが与えられましたが、360°モンキーズ・杉浦さんの十八番でもあるマイナー野球選手モノマネなどをやっていた様子。残念ながら、最後までラジオは無視でした(苦笑)。

ん~、初回からこうだと、この先が心配。途中の鶴光師匠の感想は全くボケなしだったし、番組自体もある程度ガチンコなんだなと期待してたんですけどね…。最も評価の高かった芸人さんは『オールナイトニッポン』のゲスト出演、ひいてはレギュラー起用も検討するということなんですが、いったいどこまで本気なのかな~?パッションさんに文句はないけど、ラジオで伝わらない人を選んでどうするのやら…というのが正直な感想です。テレビで見たら、また違う印象を持つかもしれないけどね。

次回はオオカミ少年18KINななめ45°パワフルコンビーフが出演します。とりあえず、もう1回ぐらい聞いてみようかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

ROAD to オールナイトニッポン!

あまりニュース的なものは取り上げないブログですが、ちょっと楽しみな情報を見つけたので…。

本日から『お笑いネクストブレーカー』という番組が始まります。これはBSフジとニッポン放送の共同制作で、『オールナイトニッポン』への出場権をかけて若手芸人4組が対決する、というものだそうです。第1回の出演者はピースラバーガールパッション屋良さん、360°モンキーズ。持ちネタ披露のほか、トークバトルもあるそうです。4組の対戦を審査する審査委員長は笑福亭鶴光さん。普段、あまり一緒になることのない師匠とのからみも期待できるかもしれません。

このブログでも何度も繰り返している話ですが、既に地上波のテレビでは出てくる芸人さんの数は飽和状態。新しい人が出られるチャンスが少なくなっていますが、あえて新番組を作り、きっかけを与えてもらえるのは見る側にとってもうれしいですね。しかし、この番組も地上波では見られないのか…。

ちなみに、放送時間はニッポン放送が『笑福亭鶴光 デジラジキングダム』(17時30分~20時30分)内で18時50分からBSフジは23時からです。なお、番組では公開録音もあり、次回は5番6番、やまもとまさみさん、セブンbyセブン、エレファントジョン、O's、カナリア、ザブンクルが出演予定ということです。

番組サイト:http://www.bsfuji.tv/nextbreaker/(BSフジ)   http://www.1242.com/digiradi/(笑福亭鶴光 デジラジキングダム)https://www.jolf.co.jp/event/info/entry2/1427.php(公開録音観覧申し込み)

「お笑い番組 “深夜のお供”目指しネタバトル 」http://www.sankei.co.jp/databox/jolf/2005/051101m_med_104_1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月30日 (金)

トップ組にまつわるエトセトラ

『baseよしもと』トップ組が出演した番組などを。

『堂本剛の正直しんどい』

先週に続いて「しんどいバスケ」。前回までの板尾創路さん、鈴木紗理奈さん、南海キャンディーズに加え、今回は麒麟ネゴシックスさんもメンバー入り。踏切で出会いがしらにバスケの試合をするナイキのCMに出演した、女子高生チームを相手に戦いました。しかしこの日は麒麟・田村さんの独壇場。学生時代に培った技を披露しまくり、すっかりヒーローでした。単独ライブ『キリリン!』でも田村さんをカッコ良く見せる企画の中でバスケをやっていましたが、試合での動きは一味もふた味も違います。普段は相方の川島さんにやり込められる場面が多いけど、フェイクを入れて敵をかわしてゴール下に切り込んだり、華麗にシュートを決めたりする姿には目が釘付け。お見それしました。

『ワイ!ワイ!ワイ!』

水曜深夜の『正直しんどい』で見事なプレーを見せた田村さんでしたが、一夜明けての『ワイ!ワイ!ワイ!』ではいきなり土下座。前回、寝坊で初の欠席という大失態をやらかしたお詫びから番組は始まりました。罰ゲームとして、『MBS漫才アワード』でもらった賞金を1万円ずつ視聴者にプレゼントしろだの何だのと言われていましたが、結局、いつもはアシスタントのチーモンチョウチュウと他の若手芸人さんが担当している生CMをやらされていました。CMで紹介するティファニーのネックレスをつけてポーズを決めたり踊ったりした田村さんでしたが、残念ながら面白さはいまひとつ。せっかくやった、今イチオシのダンスもお客さんには響かず、この状況に川島さんが苦笑するにとどまりました(笑)。

『ロンQハイランド』

ちょっと前になりますが、25日のこの番組に千鳥が出演しました。司会はロンドンブーツ1号2号。ゲストは千鳥の他に出川哲朗さんとあびる優さん。3種類の擬音から、それが表すものを答える「つながりブーブーポッポ」では「全体の正解率が72パーセント、小学生の正解率が67パーセント、北木島の正解率が12パーセント」と大悟さんの出身地も話題に。「ドゴッ」「チャリーン」「ポチッ」という音がして、北木島の正解率が12パーセントのものとは…。答えは「自動販売機」。北木島には自動販売機が2つしかなく、初めて島に登場した時には行列ができたんだそうです。「肩脱Q」という空欄を埋めるクイズではノブさんが苦戦。おかげで後ろに立っていた大悟さんと合わせて、ネタをやってるわけでもないのに千鳥がしばらくカメラを独占しました(笑)。最後はそれぞれの希望商品の獲得を賭けて、合計24文字でしりとりを完成させる「しりとリング」に挑戦。大悟さんはビール券、ノブさんは乾燥機をリクエストしていましたが、結局、4人のうち1人しか商品を得られず、出川さんが当たりを引いて終わり。大悟さんが「(出川さんは)大して何もしてねえのに!」と言ってたけど、まあそうですね(苦笑)。

『笑い飯・千鳥のゴーゴーモンキーズ』

笑い飯の哲夫さんは最終回だというのに、いきなり笑い飯の全国ツアーの話を始め、最後ということに触れずに進めようとしましたが、結局過去の放送の話もしつつ、いつものコーナーを展開。でも最後は「お互いに頑張りましょう」とか「それぞれの番組にゲストで出よう」という話も出たりして、何となく名残惜しそうな雰囲気でした。私が聞き始めたのは最近だったし、ラジオではなくストリームだったけど、毎週楽しみにしてました。下ネタに走ることも多い番組でしたが(苦笑)、それより何より2組の仲の良さにいつもほんわかした気持ちにさせられたなあ。笑い飯の哲夫さんがこんなに屈託なくしょっちゅう笑ってるっていうのも、ルミネtheよしもとのステージや『ワイ!ワイ!ワイ!』ぐらいでしか知らない私にとっては新鮮だったし。ボケてもちゃんと拾ってくれる人達がいるから、安心してできたのかな…。ともあれ、お疲れ様でした!

ちなみに、本日深夜1時から『着信××』という番組に笑い飯が出演します。この間の『虎ノ門発 お笑い(秘)バスツアー』に続いてテレビ東京の番組です。見られる地域の方、チェックをお忘れなく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月23日 (金)

また逢う日まで

今後の放送予定やら何やらです。昨日の夜中に一度アップしましたが、情報を付け加えて再度お知らせ。

・次回の『堂本剛の正直しんどい』麒麟が出ます。予告では田村さんしか映ってなかったので、川島さんは?という感じでしたが、番組ホームページに「麒麟」と出ているので大丈夫でしょう。バスケの試合をするそうなので、『キリリン!』でも見せた田村さんのスラムダンクな姿が見られます。他にネゴシックスさん、南海キャンディーズ板尾創路さん、鈴木紗理奈さんが出演。堂本剛さんと合わせてオール関西チームですね。

・番組では大した告知もなかったけど、『お笑い登竜門』は地上波放送は今週分が最後でした。今後は『お笑い登竜門ガッハ』としてスカパーフジテレビ721で放送されます。第1回は10月17日。毎週月曜深夜1時からです。しかし、いよいよ地上波だけではネタが見られない状況になって来ましたね…。コアなファンがじわーっと心を満たすモードになっていくのかな?

※追記※

『お笑い登竜門ガッハ』第1回の出演者は麒麟東京03U字工事ビーム5番6番パッション屋良さんです。

『人志松本のすべらない話3』がフジテレビで9月27日に放送されます。こちらはいつものメンバーに加えて、麒麟川島さんが出演するみたいです。かなり身を削って笑いを取りに行く感じの番組ですが、どうなりますやら。

笑い飯千鳥『ゴーゴーモンキーズ』来週で最終回だそうです。いつもストリームで聞いていたのだけど、すごく残念。お互いをよく知る4人の話は修学旅行の夜みたいなノリで大好きでした。笑い飯のお2人は心を許せる人が相手の時とそうでない時では雰囲気にだいぶ差があるけど、千鳥と一緒だと子供並みに笑ったりしてて、そんなところも良いなと思ってたのですが…。始まりがあれば終わりも来るものだから仕方ないんだね。でも残念。

※追記※

『ゴーゴーモンキーズ』はMCが入れ替わるようです。笑い飯は水曜日に残り、吉本新喜劇の小薮千豊さんと担当。木曜日には麒麟が登場します。千鳥は『グーグーモンキーズ』に移動だそうです。笑い飯は今までどおりだけど、麒麟は『ワイ!ワイ!ワイ!』とルミネtheよしもとの出番とで過密スケジュールになりそうですね。

『ワイ!ワイ!ワイ!』と『てっぺん』TVK(テレビ神奈川)での放送がファンダンゴTVの今週分をもって終わります。TVKは1週遅れなので、来週が最終回ですね。この後はネット配信で、ということみたいです。

とりあえず、そんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月12日 (火)

ラジオもあるでよ(笑)

最近の次長課長人気ってすごそうですね…。そういう私もすごーく前から知ってるわけじゃないんですが…。今日は「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル」という番組があったそうで、おかげさまで「検索ワード/次長課長」でここにたどり着いた方もいるようです。いらっしゃいませ。その頃、私は録りだめていたバラエティ番組のビデオをチェックしていました。「横丁へよーこちょ!」とか(笑)。

別に次長課長についての目新しい話は書いていませんが、たった今、インターFMでは彼らがラジオをやっていて、それを聞きながら書いています。「ヨシモトハイブリッドアワー」という番組です。テレビでは河本さんばかりがスポットライトを浴びますが、ラジオでは井上さんが良いです。あの行き過ぎた感じとしつこさがブラボー。

ラジオって面白いですね。突然、話し手の本音が聞けたり、テレビでは出てこないであろういろんな意味でギリギリな話が出てきたりとか。芸人さんたちもラジオをやってる人がたくさんいらっしゃるようですが、結構深い時間帯であることも多かったりして、あんまり聞いたことがありません。昨日は気づいたら午前3時に間もなくという時間だったので、TBSラジオ「笑い飯のトランジスタラジオくん」を聞きましたが。この番組の彼らも全国ネットのテレビで見る笑い飯とは印象が違いますね。いや、エロい話だけじゃなくて(苦笑)。1時間番組だから、曲がかかるのがもったいないぐらいだ。

しかし、今日注目の番組は「鶴の間」でしょう。ゲストは伊東四朗さん!野球で30分押しているのを考えて録画予約済みですが、その前に違う番組を録画するので、ビデオテープを変えるのを忘れないようにしなければ!ニンっ!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年6月26日 (日)

今夜も思い出し笑い

ここ5日ぐらいで、とんでもなく懐かしい話にニヤリとしたり爆笑したりしています。

まず先週火曜日の次長課長のラジオ「ヨシモトハイブリッドアワー」。「志村けんのだいじょうぶだあ」の話になり、いしのようこさんと志村さんの夫婦コントの話題に。井上さんが「それ、『パピアントクワント』とか言ってなかった?」…爆笑です。しょっちゅうやってたこの夫婦コント、必ず志村さんが「明日朝早いからもう寝るぞ。5時起きだから」とか言って寝るんだけど、2人とも寝言がすごい。「小池!」(番組スタッフの名前?)だの「ご、ご、5時!?」だのとちょっと上半身を起こしながら言うんです。で、その寝言の1つが「パピアントクワント」。言われたら分かるけど、自分からなんて絶対思い出せない。さすがです。

きのうはスピードワゴンの甘い言葉でお馴染み、小沢さんのブログから。ロフトのイベントで楽しい時間を過ごされたという話で、締めの言葉が「ブラボージョニーは今夜もハッピーエンド」…懐かしい。懐かしすぎるよ、小沢さん!その昔、まだ西新宿にあったロフトや野音や日本青年館で見たなあ、ケンジ&ザ・トリップス。当時の自分の姿を思い出すと、恥ずかしいことこの上ないけど、あの頃はインディーズ・ブームが吹き荒れ、まんまと流れにのってあちこちライブに行ったもんです。ケンジ、ラフィンスタークラブ、それから別系列ですが、まだ電気グルーヴじゃなかった人生、暗かった筋肉少女帯。ザッツ宝島な日々でした。その後もいろんな音楽を聴いていますが、当時の私が見たら軟弱になってると思うかも。

そしてきのう。笑い飯千鳥のラジオ「ゴーゴーモンキーズ」。この番組は関西地区での放送なので、私はネットで聞きましたが、なんと「裸の銃を持つ男」の話が登場!いやあ、久々に聞いたけど思い出しましたよ、アホなシーンの数々を。笑い飯の哲夫さんが「裸の銃」シリーズがお好きだそうで、車を止める時に必ず前に止まってた他の車にぶつけて止めるシーンがいたくお気に入りのようでした。あれ、ゴミ箱にぶつけるバージョンもなかったでしたかね?ちょっと自信ないけど…。話には出ていませんでしたが、私が思い出したのは殺人現場の様子。普通、遺体のあった場所はチョークで人の形が書いてあるものですが、この映画ではそれがエジプトの壁画みたいになっていたんです。主演のレスリー・ニールセンって昔、「加トちゃんケンちゃん」に出てたよなあ。何の疑問もなく芸者の格好とかして…なんていろんなことを思い出しました。ああ、また見たい愛すべきバカ映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)