2010年4月24日 (土)

達者すぎるトーク

『忘れもの撲滅委員会』のおかげで、たくさんの方にアクセスいただいております。ありがとうございます。『忘れもの~』は4月のおはようソングなので、まだ見てない方は来週中に是非チェックを。毎週、映像が少しずつ違うのも楽しいですね。

で、『忘れもの~』からの雨上がり決死隊つながりで言えば、先日の『アメトーーク!』(テレビ朝日)の「立ちトーーク5」は、アンタッチャブル・山崎さんのキムチ大臣とか、平成ノブシコブシ・吉村さんのケツ破れ事件とかいろいろありましたが、やっぱり何度もかみ締めたいのはフットボールアワー・後藤さんの達者ぶり

別の人の話が終わったところに、「そういうことありますよね~。いや実は僕もね…」とうまい具合に入ってきて、自分のトークを展開する、その技術が見事だった後藤さん。でも、あまりにも見事すぎるばっかりに、それが有吉さんのツボとなり、ほかのメンバーにも広がり、さらにお客さんまでもが「来た来た…」という思いとニヤつきを抑えられなくなってしまったのでした。後輩との飲み会の席では「さんま御殿」のさんまさんばりの仕切りをしているというエピソードを聞いたこともありますが、『アメトーーク!』でこれだけ達者なところを見せ付けたら、そのうち「後藤トーク達者ナイト」なんていう回もあるかもしれません(笑)。

ちなみに来週の『アメトーーク!』は「ポンコツ芸人」。あー、この回の観覧、行きたかったんだよなあ…。久しぶりにさまぁ~ず・三村さんが登場するのが楽しみ。ぐにゃぐにゃの膝にサポーターをして、縄跳びをしている様子が映っていたけど大丈夫だったんだろうか…。三村さんと言えば、この間の『リンカーン』(TBS)の「お弁当ドラフト会議」面白かったなあ。イジリーさんのパンチョさん役もお見事でした。

| | コメント (0)

2010年4月 9日 (金)

スペシャル<延長戦

みんな気になってたんだね、「忘れもの撲滅委員会」おかげさまで、久しぶりにアクセス数が伸びました(笑)。その「撲滅委員会」の1人、雨上がり決死隊の蛍原さんは昨日の『アメトーーク!』(テレビ朝日)でもいい味を出し、それを出したあまりにゴールデンではカットになるという憂き目を見ていました。

『アメトーーク!』(テレビ朝日)

今回は「ゴールデンSP延長戦」。先週のゴールデン3時間と通常枠の「ポテトサラダ芸人」から、残念ながらカットされた部分が放送されました。カットされた理由は、地味すぎて何をやってるかよく分からなかったり、エロすぎたり、あるいは趣味が変態すぎたり、といろいろでしたが、全体を通して見ると、蛍原さんに原因があったものが多かったような気がします(笑)。

「家電芸人」では、ボケを1回に制限されているにもかかわらず、おどり炊きの様子を真似したホトダンスを披露し、さらに宮迫さんに促されて鶴瓶さんがテンションが上がった時にするダンスまで見せてアウト。しかも、リクエストに応えて何度もこのコンボを繰り広げてしまい、結局、深夜枠に回ったのでした。

それから、『ホトチャンネル』の話も、実はかなりあったようで、こちらも本筋の家電とは関係ないということでカット。先週はCELL REGZA(各チャンネルの同時録画が可能で、出演者の関連番組も自動的に出てくる)のところだけでしたが、まさか3Dの話題のところまで引っ張っているとは思いませんでした。チュートリアル・徳井さんが偶然、番組を見ていたことに感謝するばかりです(笑)。街をぶらつくだけなのに3Dって、ステキな無駄遣い。

そして、「町工場芸人」では蛍原さんのお父さんのエピソードが!特に『べしゃりブリンッ!』リスナーが悶絶して喜ぶであろう話題満載でした。60歳になっても整備士としての基本ができておらず、ラジエーターの熱湯をかぶってしまったお父さん。息子に電話するのに「大阪のコーイチやけど」と、地名と下の名前を名乗る、ただの知り合いか親戚みたいなお父さん。そして、毎日コーラを5リットル飲み、そのことを20年も黙っていたお父さん。もっと聞きたい!今度は是非、「お父さん大好き芸人」をやってほしいと思うばかりです。そしたら、手作りの家の話とかもしてほしーの。やさしーの。

来週は、「人見知り芸人」の延長戦。「中学の時イケてない芸人」のときもそうだったけど、どこかに暗がりを抱えている人の話はヒジョーに面白いですね。理解できないこともあるけど、どっか共感できるところがあるのがいいなあと。来週も楽しみ~。

※しつこくてすいません!4月18日にやさしくお笑いオフ会します。詳細はコチラから!⇒ http://paola.cocolog-nifty.com/otona/2010/03/post-0da2.html

| | コメント (0)

2009年3月27日 (金)

あやつられてます

最近はすっかりオンタイムでテレビが見られるようになり、嬉しいやら不安やらな訳ですが(笑)、昨日の『アメトーーク!』の感想など。

『アメトーーク!』(テレビ朝日)

昨日の企画は「NO パソコン芸人」。会社勤めをしていると、多少なりともパソコンが使えないと…というところが多いし、今や自宅にパソコンがあるのも珍しくない。そんな時代の孤高の人々、パソコンが使えない芸人さんたちが昨日の主役でした。

「パソコンをやったことがないんです」という芸人さんの話を耳にすることは多く、そのたびに特殊な世界なのねと思っていたけど、まさか入力方法の段階でつまずくとは…(泣笑)。実家にパソコンが導入された数年前、母に説明したことがテレビの中で繰り広げられるとは思いませんでした。しかも、ケンドーコバヤシさんにいたっては「ロシアにマザーコンピュータがある」と、大昔のSF映画か、はたまた大仕掛けだった初期のYMOを連想させるような話で(笑)。こうなると、「パソコンのウイルス」と聞いて、パソコンを触る時に手袋とサングラスとマスクで完全防備していたという大阪キッズ・藤田さんのエピソードも さもありなんと思っちゃいますね(笑)。こっちは面白要素をわざと投入したわけじゃなく、マジだったみたいですが。

でも、実際のところ、私も自分に必要なこと以外はサッパリ(苦笑)。ワードとエクセルが使えて、インターネットとメールができれば、とりあえずOK。あと iTunesか。何かきっかけさえあれば、いろいろ楽しく使いこなせるのは芸人さんたちのほうかもしれません。ただ、その前にはローマ字入力という大きな壁が立ちはだかってるようですが(笑)。

そういえば、『アメトーーク!』はついにDVDも出たんですよね。本編の収録時間が120分ってちょっと短いような気がするけど、中川家と次長課長のミニコントは見たいなあ。今より深い時間の放送で見逃したのか、はたまた当時の内容を思い出すためか、この企画を検索して当ブログにたどりついた方々もいたみたいです。あざーすっ!

| | コメント (0)

2008年11月13日 (木)

告知もしましょう

最近はブログの更新もごくたまになり、いろんなことを感じてもそのまま時が過ぎ…みたいなことがフツーになりかけていますが、メモ程度にあれこれ小ネタを書いてみたいと思います。

・「矢島美容室」
最近、私の心を揺さぶるのはネバダから来たと言い張る(笑)矢島家の皆さん。何がすごいって、未だにバカバカしいことを本気でやる とんねるずのお2人の傍若無人ぶりがね~。もうたまらないの。『27時間テレビ』(フジテレビ)でもベテランのすごさに笑いながら感動したけど、矢島美容室にも似たものがあるかも。『ナインティナインのオールナイトニッポン』の話もいろいろ興味深くて面白かったっす。2組がテレビで共演することはないのかな~。先日の『みなさんのおかげでした』(フジテレビ)は保存版でしょう、そうでしょう。

・「最近の『アメトーーク』」
先週は「お肉ちゃん」ことミサイルマン・西代さんの、言い知れぬ緊張感の中での太鼓持ち芸人っぷりに「よかったね~」となぜか親戚の子を見る思い。それにしても、芸人さんの先輩後輩って大変なんですね。私には絶対無理(笑)。
その前の週の「笑い飯とその周辺の人たち」は何かもんやりとした気持ちを残しつつ終了。テレビで2人をうまく見せるのって難しいんでしょうか?そう考えると『笑い飯の臭い飯』(日本テレビ)はすごかったんだなあと。あとは『こたえてちょーだい!』(フジテレビ)もある意味画期的だったかも。2人が一般家庭にロケに行ってたんだから。しかも、奥様方に好かれるスタンスで(笑)。更に言えば、チュートリアルと隔週交代で同じ曜日を担当してたってすごいやね。

・「ダイナミック通販」
一時期、このブログの検索ワードランキング1位を誇っていたのがコレ。普通なら筋書き通りのリアクションと見る人の気を引く見事な説明で進むはずの通販番組が、おかしいと思うところを指摘したり、商品がメチャクチャだったりして何だかビミョーな雰囲気になってしまう、そんな番組が『ダイナミック通販』です。
あの何とも言えない、微妙な居心地の悪さを演出した空気がいろんな人の興味をそそったんだと思いますが、私は同じ古屋雄作さんの作品なら、その前に見た『ハリウッドスターになろう!』のほうが好きです、なんとなく。シュナイダーの「にらみ」はまだマスターできてませんが(笑)。

・「最後に告知を…」
というタイトルの番組があるわけではなく、本当の告知です。

昨年夏のオフ会で「出張ギャグ屋」をお願いした村越周司さんが、ハリウッドザコシショウさんと一緒にイベントを行います!
--------------------------
『グラインドハウス 村越周司×ハリウッドザコシショウ』東京公演
【出演】村越周司、ハリウッドザコシショウ、バイきんぐ
【日時】11月21日(金) 18時半開場 19時開演
【会場】北沢タウンホール
【チケット】前売り2,500円、当日3,000円
--------------------------
ぴあなどで絶賛発売中だそうです(コチラとか)。
更に翌日には「『居酒屋 村越』あの人と飲もう~村越周司編~」というライブの打ち上げ的イベントもあるそうです(コチラ)。

行きたい、しかしまだ行けるかどうか分からないんだよなあ…。
それはなぜか?

11/21~11/24までワタクシがレポーターをさせていただく『したまちコメディ映画祭』があるのです。
こちらはコメディ映画上映のほか、出演者や監督をお招きしたトークショー、総合プロデューサーのいとうせいこうさん出演のイベント、さらには南海キャンディーズ・しずちゃんも参加する浅草レッドカーペットのお練りなどがございます。
詳しいことはコチラでご確認下さいませませ。

というわけで、やっぱり長々とくだらないことを書くほうが好きだな~。ま、すべて忘却の彼方よりはいいかも。

| | コメント (0)

2008年10月26日 (日)

なにがなにやら

何だかバタバタしてるよな~、日々。あとは月末から『M-1』モード、今年は久しぶりに大阪も…などと妄想しておりましたが、急に引っ越しを考えざるを得ない状況になったりしてトホホでございます。いろいろ物件を探していたら、舎人ライナー沿線がヒットして、『モヤモヤさまぁ~ず』好きとしてはなんだかビミョーです(笑)。

で、今週も更新せずに来週を迎えようと思っていましたが、ストレス解消の一環として(苦笑)メモ程度にいくつか。

先日の『アメトーーク!』(テレビ朝日)は「ハンサム芸人」。「イケメン」じゃなく、「ハンサム」っていうのがポイントでしょうね。見てるこっちが恥ずかしい(苦笑)、どこまでも続くハンサムコントでした。個人的にはますだおかだ・岡田さんの草刈正雄ハンサムモノマネが出るかと思ってたんだけど、今回は「ハンサム会計」で工藤ちゃん@探偵物語な感じと(いや、それはBGMのせい・笑)。やっぱ、イケメンというよりハンサムですわね、時代的にも。で、来週は笑い飯!哲夫兄さんのモーグルにテンションが上がりました(笑)。そういえば、『笑い飯の臭い飯』は面白かったよなあ…。

こちらは関東ローカルかもしれませんが、10月以降、土曜の夕方の日本テレビが気になります。17時からの『専テレ GO!GO!』、17時半からの『Perfumeの気になる子ちゃん』、この2本がね~、なかなか目が離せないわけ。
もともと17時から18時の時間帯は、17時から17時半までと17時半から18時までという形で、3か月ずつ、いろんな企画の番組が放送されていましたが(10月からゴールデンに進出した『しゃべくり007』とか、スペシャルで時々放送される『クイズシャムロック』もそう)、今回は2本とも面白いですっ!
『専テレ』はケンドーコバヤシさんのMCもさることながら、なぜか毎回ゲストで登場するふかわりょうさんの困惑ぶりがポイント。『気になる子ちゃん』はパフュームのビミョーさもいいけど、ゲストの千原ジュニアさんが何のためらいもなく、両手を挙げて「♪気になる子ちゃ~んっ」と歌う姿にバターナイフというか、むしろジャイアン・リサイタルというか(笑)そういうキャラの変貌ぶりを感じずにはいられない、そんな番組です(いや、本筋は全然違います・苦笑)。
本当は18時半からの『弟子っちょピカ丸』も含めてあれこれ書きたいけど、とりあえず見られる人は見て、と言っておきましょう。そうしましょう。

『めちゃイケ!』(フジテレビ)は「かま騒ぎ」でいろんなコンビ愛を見せていただきましたが(笑)、個人的には先週の「やべっち寿司」の伊東四朗さんとナインティナインの絡みがほほえましく。ベテラン芸人さんをあえて腐して笑いを取ろうという人もいるけれど、「にんっ!」のやり方を教わるくだりは面白嬉しい感じ。来週はいよいよ岡村オファーの未放送分なのですねぇ。楽しみ。

今週は映画は見に行けたけど、ライブは行きそびれた、そんな週でした。ほかに書きたいと思っていることもあるので、またそのうちに~。

| | コメント (2)

2008年5月30日 (金)

平和の煮込み

昨日の『アメトーーク!』で懐かしさのあまり、ジーンと来た人、手ぇ挙げて!というわけで、横道坊主…もとい、三日坊主阻止(苦笑)ってことで、「バンドブーム芸人」の感想など。

『アメトーーク!』(テレビ朝日)

前にも書いたとおり、この回はスタジオ観覧に行くことができたので、一足早くノーカットで見ていました。それでも、改めてワクワクしたり、グッと来たりしながら見てしまうのは、収録からしばらく経ってるからということだけではないでしょうね。

観覧の時にも懐かしいPVが見られたけれど、放送ではオープニングのゲストが歌いながら出てくるパートやバンドが話題に出てきたところにもPVが使われて濃厚風味に。当時を経験した人には たまらん仕上がりですね。個人的には、アンジーが出るとは…としみじみ。ブースカさんはどうしているのだろう?思い出すなあ、青森放送『なんだわけ天国』のお茶の間ライブ(知ってる人、ご一報を・笑)。そしてたまらん仕上がりと言えば、PVを見ながらゲストの人たちが話しているガヤっぽいところを残してくれたのも、さりげなく当時のキーワードが出てきたりして、ちょい嬉しい。レベッカの「先輩…」とかね(笑)。あったねぇ、そんな話。

あとは、オンエアでも使われていましたが、スピードワゴン・小沢さんの気持ちが前のめりになり、思わずおしゃべりが上手な(笑)バナナマン・設楽さんとか、土田さんを巻き添えにしちゃう感じも もはや微笑ましく。つるとんたんでは更に盛り上がったんでしょうな。私は観覧後はスターバックスで、放送終了後はメールで盛り上がりました(苦笑)。『バンやろ』でメンボとか、UKエジソンとか、ダイヤモンド☆ユカイさんのバックバンドのメンバーとか、話は尽きないわけ。

収録の時間はオンエアより長かったので当然カットされてるところもありましたが、後で反芻したくなるところは大体残っていた気がします。あえて言うなら、ユカイさんの無法地帯っぷりはもうちょっと長く続いていたけども(笑)。あのバンドブーム時代、まさかバラエティー番組に呼ばれる人になるとは誰が想像したでしょう?当時から独特な人ではあったようですが、そんな周りの扱いの変わり具合にも時の流れを感じたりしてね。あとは設楽さんがZIGGYではなく、今田耕司さん(KOJI-2000)の『ナウロマンティック』仕様だと言われてたか(笑)。

あの頃はあまり好きじゃなかったバンドもあったけど、今になればすべては懐かしい思い出で、すべてはAlright(YA BABY)。いや~、YouTube検索しまくりっす(苦笑)。

| | コメント (0)

2008年5月 2日 (金)

今なら なおロマンティック

昨日はテレビでも『アメトーーク!』(テレビ朝日)をやっていましたが、それが始まる少し前、私はこれから放送される回の収録の模様を見ていました。要するに番組観覧です。まだ放送前なので、出演者等々詳しいことは言えませんが、テーマは「バンドブーム芸人」でした(これは観覧告知に出てたからいいよね)。

私もバンドブーム時代を体験してきたので、懐かしいキーワードや音楽に異様に反応しまくり、この回をノーカットで見られたことに大満足。観覧に来た人の中には当時の様子を知らない世代もいたようで、私にとっては当たり前のことが人によっては新鮮に見えていることにジェネレーション・ギャップ的なものを感じたりもしました(泣笑)。渋谷のラママも新宿ロフトもかつては違うところにあったからねぇ…。どちらも移転後初めて行くイベントがお笑いがらみになるとは、古きよき『宝島』(もちろんB5版)を読み、ナゴムの人々やラフィンノーズやKENZIに燃えていた頃のアタシには思いも寄らない展開です、たぶん(苦笑)。

今朝の『とくダネ!』(フジテレビ)では、「懐かしのブーム再び!団塊ジュニアの“放課後”」と題し、80年代・90年代に夢中になったことに再び興味を持つ、30代半ば以上の人たちについての特集を組んでいました。その中には先日17年ぶりに復活した、女性ミュージシャンたちによるライブ『NAONのYAON』を見に行った人たちも登場。もう何年もライブから遠ざかっているということでしたが、ひとたび音楽を聴けば昔に戻り、その当時のことを思い出していたみたい。昨日のこともあっただけに、見ている私もしみじみうなずいてしまいました。

「バンドブーム芸人」の皆さんも、やはりいろいろ話していくうちにそのバンドが好きだった頃に戻っていくようで、あまりにも好きすぎるバンドのことは気持ちが先行しすぎてうまくしゃべれなかったり(笑)、収録の合間には「バンドやりてぇなあ~」という声が聞かれたりしました。今思えば、格好がちょい恥ずかしいとか、歌詞が若々しいとかもあるんだけど、当時は精一杯の気持ちで音楽を聴き、バンドを追っかけてたんだよねぇ…。

というわけで、バンドブームど真ん中だった人にはもちろん、そうでなかった人にも面白くて興味深い回だと思います。放送は5月29日ということなのでお楽しみに~。

| | コメント (0)

2007年10月25日 (木)

いけないことかい?

例によって、毎週木曜日のご連絡から。

共同ブログ『笑うオトナども』を更新しました。今回は唯一の関西在住者である、caricoさんの関西ローカルな話です。どうやらローカル番組にちょっとした異変が起きているようですが、はてさて…というわけで、続きはコチラをご覧くださいませ。

caricoさんの話にも出てくるけれど、最近は関西以外で見られなかった番組も、別の地域でも見るチャンスがあったりします。そればかりか、全国放送の番組でさえ、少し前まで「知る人ぞ知る」だった芸人さんが出演していることが多いような。

例えば、今週放送された『トクメイ希望』(フジテレビ)では友近さんが外国人ホステスになりすましてなだぎ武さんをだます、というのをやってたけど、なだぎさんをお店につれてきたのはサバンナ・高橋さんで、現場の様子をモニタリングしていたのはケンドーコバヤシさん。今ならごく当たり前のキャスティングですが、『R-1ぐらんぷり』でなだぎさんが優勝する前ならきっとありえなかったわけで。その『R-1』からだって、まだ1年も経ってないわけで。高橋さんは今や犬井ヒロシで『エンタ』のトリなわけで。コバヤシさんにいたっては、全国放送のゴールデンタイムどころか、BSとは言えNHKでレギュラー番組(『Shibuya Deep A』)を持ってるわけで。父さん、世の中の動きが早すぎます(苦笑)。

だからハリウッドザコシショウが毎週登場したり、須知軍曹が落語をやったりする『あらびき団』(TBS)のような番組もできるんでしょうねぇ…。ただ、天竺鼠はセットのほうが良かったかも。ねむい~っ!とろサーモン・村田さんの『ダイナマイト関西』風ナレーションもZepp Tokyoでの『RX』の放送がなかったらありえなかったんだろうなあ。

そういえば、先週の『アメトーーク!』(テレビ朝日)ではサバンナ・八木さんが妙なしりとり「パナキ」を披露しておられました。あれを地上波で見られるとはね(苦笑)。すべての言葉はパナキに通ず。いや、カニか?(笑)

ともあれすごいことです、といった感じでお茶を濁しておきます(笑)。

| | コメント (0)

2007年9月23日 (日)

全部あのままで

このところスペシャル番組が多くて、さらっと流し見したり、予告だけでおなかいっぱいになったりしてます(笑)。

『アメトーーク!』(テレビ朝日)も先日はスペシャルで、ゴールデンで3時間ぶちぬき。個人的には、もっと狭いところや薄暗いところにスポットを当てる企画が好きなので(苦笑)、ま、お祭りのひとつねと思いながら見ました。

でも、今回は「花の昭和47年生まれ芸人」でかなりそそられるシーンが。私は昭和47年生まれではないけれど、「そんなこともあったね」と思える世代なわけで。しかも、「バンドブーム」という言葉には激しく反応してしまうわけで。

当時のバンドを紹介するVTRでは、ブルーハーツだ、レベッカだとメジャーどころが出てくる中、プライベーツやレピッシュまで網羅。思わずケンドーコバヤシさんから「チョイスが渋いVTR」というお言葉が飛び出しましたが、さもありなん。よくぞ『気まぐれロメオ』を…。

そういえば、『ワイ!ワイ!ワイ!』の「有名人携帯電話の旅」では、番組終盤に携帯電話が下北沢音楽関係者の間を回り、麒麟とプライベーツのボーカルさまのトークという普通ならありえないシーンが見られたのよねぇ…とか、こういう人たちが出てきた年ってことは汐留PITがあったのはこのころか?とか、プライベーツ、レピッシュまできたらアンジーも出してよとか、P-ROCKとか『なんだわけ天国』とか、シブ好みVTRを見ながら私もいろいろしみじみ。

そして、このコーナーの最後には、ジュン・スカイ・ウォーカーズの再結成最初のライブ。蛍原さんの「ほかにもっと(復活にふさわしい番組が)あるんじゃないんですか?」と言ったのは 至極当然かも(苦笑)。そうかそうか、ジュンスカ復活ですか。本当に彼らに憧れていた土田さんはテンションが上がりまくっていたけど、そりゃそうよね。個人的にはジュンスカ全盛期はあんまり、あんまり…でしたが、今になれば鼻の奥のほうがつーんとしてくる感じ。特に『マイ・ジェネレーション』はヤバいかも。

そういえば、この日は『Goro's Bar』(TBS)でも憧れの人に会ってテンション上がりまくりの芸人さんが。それは、アメリカで本物のディランと会ったなだぎ武さん。すっかりいろんな段取りを忘れ、自分の聞きたいことをガンガン質問していましたが、それだけ愛情のこもったキャラなのね。今は細かいモノマネブームですが、やっぱり「好きこそ物の上手なれ」なのでしょう。とはいえ、なだぎさんのディランはどんどん本物からかけ離れていってるけど(苦笑)。

そんなわけで、昔の思い出に浸ったり、ほっこりしたりした木曜日の話でした。

| | コメント (0)

2007年8月23日 (木)

I don't wanna close my eyes

いやもう、HDDの中味の消化が大変ですっ!録画したままのものをDVDに移したり、見ておきたいものを見たり、「もう無理…」と泣く泣く消したり、そんなことをしているにもかかわらず、さらに録画予約してみたり(バカ)。感想もこまごまと書いている時間がありませんが、とりあえず観覧に行った番組の話など。

『ネタ祭り2007夏の陣』(テレビ朝日)

さまざまな芸人さんが出演し、「東西対抗」という形でネタバトルを繰り広げた番組。前にも書いたとおり、収録は3時間以上かかりましたが、主にカットされていたのは審査員の方々のコメントだったようで。グラビアアイドルの皆さんの、「自分が知ってるかどうかや好みにかかわらず、対戦した両者の良いところを探してコメントする」テクニックに、「さすがミーティングやってるだけあるわあ…」と感動すら覚えたのですが。

ネタのほうは記憶があやふやなところもありますが、だいたいあんな感じじゃなかったでしょうか。ただ、個人的には一番おもしろかった笑い飯の漫才がちょこちょこ切られてて残念。ほかのコンビがわりとお馴染みのネタをやってる一方、笑い飯だけが最近の漫才を持ってきたようだったので、そんなことも含めて「おおっ!」と思ったんですけどね。

その笑い飯のネタは、宇宙戦争映画のオープニングっぽいものを2人で作っていくんだけど、それがどんどんエスカレート。さらに相手に「そんなのあるか?」と異論を唱えられると「普通あるやろー!知らんの?」「知ってるよ!」と、なぜか互いに知ったかぶりをしあう要素まで組み合わさっていく愛すべきおバカスタイル。2年前の『M-1グランプリ』でやってた「ハッピーバースデー」の歌を歌うネタっぽい作りですが、バカ度としてはアレ以上かも(笑)。だって「2箇所から同じテレビ番組の音が聞こえてきて、まるで宇宙人がしゃべってるみたいだった」って何ですか?(苦笑)

オンエアでは「知ったかぶり」のところがほぼカットされてたので、あのときの様子を思い出しながら見てました。収録のときも全コンビの中で一番長くやってたような気もするし、ある程度カットされるだろうなとは思ってましたけどね。ちなみに笑い飯については、登場の際、哲夫さんが階段をすべてモーグルの動きで降りていたことを付け加えておきます(笑)。

あとは、「高知よさこいテレビのずっこけアナ」こと、吉原多香子さん(by友近さん)のくだりも短めになってまして。少し前の『エンタ』でもやってましたが、このときもガッチリやりきってて、私と同行者の友人は「これだけをずっと見せられてもいい」という境地にまで達しておりました。ああ、もっと見たい。そういえば、来月は東京で単独ライブがありますね。むふっ。

対戦理由がこじつけ気味とか、「東西対抗」と言いながら、元を正せば ほぼ関西の芸人さんだったとか、チュートリアルのオチはそうでしたかね?とか(とりあえず無事着地にしたってことでOK?)、ツッコミどころはいろいろありそうですが、結局、真の勝者はVTRで登場した中川家とますださんの恩師の先生だったかも(笑)。とにもかくにも豪華でした。

『アメトーーク!』(テレビ朝日)

だいぶ今さらですが、観覧つながりで「料理芸人」の回について。

こちらは観覧から1か月を経てやっと放送されました。内容はとっくにご覧になったと思いますが、あの収録はもはや本来の『アメトーーク!』のオンエア時間じゃないかという23時ごろから始まり、終わったのが確か午前3時ごろ(苦笑)。なので、よく見ると最後の「アドリブ料理大喜利」のあたりは、後ろで待機している芸人さんたちの「ナイスクッキング」だの「いいよ、いいよ」だのという無意味な合いの手が かなりの深夜ノリになってます。

リレークッキング、トーク、アドリブとコーナーが終わるごとにセッティングを変えて撮影したわけですが、もうね、すごいの。どこにそんなに人がいたのかと思うぐらいたくさんの人たちがわーっと出てきて、いろんな物を出したり引っ込めたりするわけ。トークの途中でも道具が必要なものが話題に上がれば、どこかから誰かがささっと持ってきて実演できるようにしていました。例えば、ほっしゃん。さんの熱い油に入れても平気な特殊なグローブとか、スパゲッティのゆで方の話のところとか。ただ、メッセンジャー・黒田さんご所望のカレー粉だけは出てくる雰囲気すらありませんでしたが(苦笑)。

料理に直接携わっていないスタッフさんも、コーナーが代わるたびに場所を移動したり、次の準備をしたりと大忙し。そういうスタッフの方々の仕事ぶりは見ていてかなり興味深かったです。それから、出演者の方々の力の出し入れ具合もプロだなあ…としみじみ。長時間な上に深夜なのでいくら仕事とはいえ、大変だなあ…と思う場面もありましたが、それでも「ここぞ」というところはビシッと決めておられました。さすが、がーさす。

てなわけで、2週も前の話だったので、おまけ。関西地区の皆様方、「ジョジョ芸人」の回が9月13日深夜に放送されるそうです。おめでとうございました。詳しくはコチラをどうぞ。

| | コメント (0)