2007年7月25日 (水)

「落語会」ご報告

先週、桂三若さんを迎えて落語会を行いました。

これまで『おしゃべり いいたより』と称してオフ会的なものは やっていたものの、こうして演者さんに来ていただいて会を開くのは初めて。ご本人の了承を得ていろんな人たちに協力をお願いしたは良いけれど、果たしてどれぐらい興味をもってもらえるのかと正直心配なところもありました。

でも、ふたを開けてみると、予想を超える人数が集まり、終わった後も「楽しかった」という声をたくさん聞くことが出来ました。それもこれもご参加の皆さんを含め、たくさんの人たちの協力のおかげだと思っています。

落語は、こちらからのリクエストで創作と古典の作品を1席ずつやっていただきました。創作落語が『ひとり静』、古典は『青菜』でした。『ひとり静』は東京への憧れと嫌悪感という複雑な感情を抱く関西人のストーリー、『青菜』は仕事先で旦那さんの「隠し言葉」(隠語)でのやり取りを聞いた植木屋さんが、自宅の長屋で同じことをしようとするのですが…というお話。オチは「弁慶の立ち往生」にもつながるという落語でした。

その後には、ご自身で落語を作る方法や、落語家さんという1人で仕事をする面白さや大変さなどについて、少しお話を伺いました。 最後のほうでは師匠の三枝さん直伝の「いらっしゃーい!」も飛び出すなど、予定の1時間半はあっという間に過ぎていきました。

また、当日はお茶とお菓子付だったのですが、お菓子は東十条にある『草月』のどら焼き『黒松』をチョイス。当日作り立てを配達していただき、セールスポイントのふんわり感がより伝わったのではないかと思っています。それとこちらで独自に作った「落語会のしおり」もなかなか好評でした。

今回は会場としてお借りした『ほんごく演芸場』(実は社会人向けの翻訳学校)の修了生や在校生、新旧スタッフの皆さん、そしてこのブログでの告知を見た方や、少し前にお邪魔した浅草での三若さん落語会が縁で知り合った方など、総勢60名あまりの方々にご参加いただきました。「終わったらゆっくりご挨拶を…」と思いながら、全然お話しできなかった方もいて、申し訳なかったと思っています。

すでにお知らせしている通り、来月には村越周司さんを迎えた『おしゃべり いいたより』も行いますし、今後も皆さんに楽しんでいただける場を提供できたら良いなと思っています。機会とご興味がありましたら、もろもろ是非ご参加くださいませ。

| | コメント (0)

2007年7月 6日 (金)

オトナになっても

更新がすっかり週1ペースになっております。まあそんな時もありますわな。

まずはお知らせから。
参加募集を行っていた桂三若さんをお招きしての落語会ですが、来週の月曜日、9日をもって受付終了といたします。当日は落語を2席していただくほか、落語や以前出演された映画『日常 恋の声』にまつわる話などもうかがう予定です。皆さん、ふるってご参加くださいませ。詳細はコチラでご確認を。

あとは、いつものようにだらだらと。
最近の私のお笑いライフは、関西ローカルのチカラにやられまくりつつ、DVD『人志松本のすべらない話其之参』にニヤつく日々です。

前者のほうは、夜中に七転八倒してしまったのだけど、『ブラマヨ・チュートのまる金TV』(よみうりテレビ)の「目指せレギュラー!とりあえずやってみました!」のVTRがすごすぎ。いろんな芸人さんがレギュラーコーナーを目指して実験企画をやるみたいなんだけど、なだぎ武さんと友近さんによる やりたい放題のミニコント(もはや“ミニ”ではなかった気もするけど)と小籔千豊さんの一風変わった大喜利「体言楽」(DVD『ビッグポルノ』でもやってましたね)はどちらも私のツボを押しまくりでした。

この番組について、『TV LIFE』別冊『TV LIFE ディープ』(学研)には「低予算の中で新たな面白さを生み出そうとしている」と書かれていたけど、本当にそんな感じ。今後、どんな企画が出てくるのか分かりませんが、この4週を見る限りでは相当楽しみです。いつもナイスなセレクションをしてくれる、西からの客人にも感謝感激雨あられ。ほかにも会ったことのある人やない人や、いろんな関西方面からの刺客(笑)のおかげでうちのテレビから関西弁が聞こえない日はありません(苦笑)。「とりあえずやってみました!」については、後で詳しい感想など書けたらと思っています。

『すべらない話』のほうは皆さんご存知の通りですが、今回、第3弾にして初めてDVDを購入しました。しかも初回盤。だって『あのすべらない話をもう一度』が見たかったんだもんっ!おそらく関東ローカルでしか放送されず、そのうえ、途中ニュース速報が入ってしまった『あのすべらない話をもう一度』。いつ完全な形で再放送されるのかと待ちわびること1年。テレビではなくDVDでやっと見られました。初回盤には『あのすべらない話をもう一度』完全版のDVDがついていますが、こちらは未放送の話だけでなく、テレビならカットされるであろう話をする前後の様子も見られたりして、その場の空気感が伝わってくるような気がします。こちらが笑う態勢で見ているせいもあるかもしれないけど、同じ話にやっぱり笑ってしまったりして、「すべらんな~」と心の中でつぶやきつつ見ています。

個人的には、いつの日か矢野兵動の兵動さんが出ないかなあと思ったりして。『お笑い登竜門ギャッハ』(フジテレビ721)の「ファミレストーク THE 6名様」には出演していたので、可能性はゼロではないと思いますがね。さっきもうっかりファンダンゴTVでやっていたトークライブ『兵動大樹のおしゃべり大好き』の何度目かの再放送を見てしまいました。兵動さんのお話も、何度聞いても面白いわ~。トークライブも機会があれば、見に行きたいものです。

というわけで、落語会のお申し込みはお早めに~。

| | コメント (0)

2007年6月15日 (金)

【確定版】『落語会』開催&参加正式募集のお知らせ

【申し込みは締め切りました】

以前から告知していた、桂三若さんをお招きした落語会の正式募集を開始いたします。詳細は下記の通りです。

---------------------------------------------------
『桂三若落語武者修行ツアー~2007陽の訪れのように~』
・日時…7月18日(水曜日)19時から
・場所…JR神田駅・銀座線三越前駅より徒歩5分 ※建物内は禁煙です。
・内容…落語2席+三若さんの話を聞くトークコーナー
・参加費…700円(1ドリンク+お菓子付)※当日頂戴します。
---------------------------------------------------

当日は古典と新作の落語1席ずつをお願いするほか、旅のこぼれ話やご自身で落語を作るうえでのご苦労など、普段は聞けない裏話などもうかがう予定です。落語初心者向けの会ですので、今まで生で見る機会のなかった方も是非ご参加ください。

なお、今回は共同開催という形を取っている都合上、あまりたくさん席をご用意することが出来ません。また、すでに事前予約でお申し込みいただいている方もいらっしゃいます。参加希望の方は、なるべく早めにご連絡いただきますよう、お願いいたします。

申し込み方法ですが、以下の要領でコチラにメールをお送りください。

---------------------------------------------------
メールの件名を「『落語会』参加希望」として…
1) 代表者の名前
2) 参加人数
3) 緊急連絡先

4) その他、『たよりがないのは いいたより』についての感想・『落語会』で三若さんに聞いてみたいことなど。
---------------------------------------------------

お申し込みいただいた方には3日以内に返信メールをお送りし、会場の詳細と私の緊急連絡先をお知らせします。

桂三若さんについて

吉本興業所属。1970年神戸市生まれ。1994年桂三枝に弟子入り。2001年NHK新人演芸大賞(落語部門)大賞 、なにわ芸術祭新人賞を受賞。古典落語から自作の落語まで幅広くこなす。なんばグランド花月やうめだ花月などの劇場のほか、ラジオ、テレビにも出演。
2007年4月からは、『桂三若落語武者修行ツアー2007~陽の訪れのように~』と題してバイクで全国を回るツアーを敢行。大阪を出発後、新潟⇒山形⇒秋田⇒青森⇒北海道⇒岩手⇒宮城⇒福島⇒茨城と各地で落語会を行い、現在は栃木県に滞在中。落語会の様子は各地のテレビや新聞などにも取り上げられ、5月12日には青森での姿が『おはよう日本』(NHK)の中でも放送された。旅の詳細はご本人のブログ『桂三若旅日記』で!
http://sanjaku.jugem.jp/

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

| | コメント (0)

2007年5月19日 (土)

ごきげんラクゴ

前回の『おしゃべり いいたより』参加の方から、今発売中の『BRUTUS』で落語を特集していると聞き、早速買って読みました。なので、その感想など。

『BRUTUS』(マガジンハウス)

今回は「ミュージシャンと作る『落語』特集!」。井上陽水さんが立川志の輔さんと対談したり、東京スカパラダイスオーケストラのメンバーが寄席に行ったり、オレスカバンドが浅草の演芸関係のCDが充実している店で「ジャケ買い」をしたりしています。後半では、2人の落語家さんの同じ演目を聞くコーナーとか、落語にまつわる情報サイトや近日中の落語会のスケジュールなどもあり、きっかけ作りという意味では楽しめる内容だと思います。

私は親の影響で落語に触れ、途中からは子供向けの落語全集を読むという、今思えばかわいげのない、気色の悪い(苦笑)子供時代をすごしたわけですが、そんなこともあって、落語というのは未だに「おはなし」の分野の1つのように感じています。だから「誰々が演じた『××』という演目はすごかった」とか、そういうことは全然語れないし、目の前で語られたところで分からないので全然響いてこない(笑)。

それができるようになればまた新たな面白味も出てくるのだろうと思うけど、本当に語れるようになるまでは時間もかかるし、そんなことばかり気にしていたら全然楽しくありません。面白がるべきところで眉間にしわを寄せているようでは、つまらないことこの上ない、でしょ?

というわけで、私は最初の一歩として、落語家さんにこだわらず、まず本で話を知るのもいいんじゃないかなあと思います。コントや漫才と違って、落語はいろんな人が同じ話をやっているので、ストーリー展開さえ分かれば誰が演じていようとも楽しめます。何度も見ていくうちに、話は同じなのに噺家さんによって違いがあることに気づいたりもして、そうなるとちょっと「通」気分も味わえるし、さらに落語が面白くなります。小難しいあれやこれやにこだわらず、まずは想像力を豊かにしてリラックスしながらニヤついてるのがよいかと。そうこうしているうちに、だんだん落語を楽しむ基礎体力がついてくるんじゃないでしょうか。

ちなみに、我が家で時々話題に出るのは、亡くなった十代目桂文治さんの『反対ぐるま』という落語。とんでもないスピードで走る車屋さんの話ですが、文治さんの場合は座布団から落ちるんじゃないかというぐらいの動きで、子供ながらに見ていてすごく面白かったのを覚えています。文治さんはほかの落語でも威勢がよくて慌てものといった雰囲気をかもし出していて、「見て楽しい」落語家さんだった気がします

なかなか敷居が高いと思われがちな落語ですが、最近は中川家が末広亭で単独ライブをやったり、落語も本職の方々だけでなく、タレントさんたちが稽古して舞台に上がったりしているようです。また、逆に立川志の輔さんや柳家花緑さんのように、テレビでもお馴染みの落語家さんもいらっしゃいます。気をつけていないと情報を見逃したりもしますが、そういう方は7月18日の桂三若さんの落語会に来ていただけるとよろしいかと(笑)。

すでに何人かの方から参加希望のご連絡を頂戴しており、ありがたい限り。全然落語を語れない私の主催なので、敷居は低いというより、めり込んでるぐらいで(苦笑)。6月の『おしゃべり いいたより』と合わせてお問い合わせや参加希望を受け付けております。あれこれ逡巡するぐらいなら、勇気を持って今すぐここからメールをどうぞ。大丈夫、とって食ったりしませんから(苦笑)。

■『たよりがないのは いいたより』では、6月に第2回オフ会的お楽しみ会『おしゃべり いいたより』そして7月には『落語会』を開催することになりました。落語に触れる機会が全然なかった方も、プロの落語家さんに直接質問をぶつけてみたい方も是非どうぞ。『おしゃべり~』の詳細はコチラ、落語会についてはコチラをどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

大切な箱 ひらくときは今

今回はお知らせとおしゃべりと。

前にも告知しましたが、来月、オフ会的お楽しみ会『おしゃべり いいたより』の第2回を開催いたします。日時も決まり、6月17日(日)14時半からとなりました。その募集を来週5月15日から開始いたします。詳細は当日、このブログでお知らせしますが、場所や参加費など大まかなところは前回と同じです。お友達をお誘いの上、ふるってご参加くださいませ。さあ皆さん、一緒に深みにはまりましょう(苦笑)。

7月には桂三若さんをお招きした落語会も行います。今朝の『おはよう日本』(NHK)では、青森での三若さんの公演が紹介されていました。ご覧になりましたか?6月の『おしゃべり~』でもこの模様をお見せしたいと思っています。落語は とっつきづらいという方もいらっしゃるかもしれませんが、今回は「落語・入門編」です。ちなみに、mixiにはこの武者修行ツアーのコミュニティもあります⇒コチラ

私も最近、mixiデビューを果たし、このブログ以上にしょうもないことをだらだら書いています。まだ全然活用し切れていませんが、「そういえば…」と思って過去に好きだったバンドや昔住んでいた場所などを検索すると、どんぴしゃりな情報が出てきて、うれしくなったりあたふたしたり。芸人さんとか、お笑いの仕事に携わる人もたくさんいるようですが、まだそういうところは意外と見てなかったりします。

そんな私が好きな芸人さんブログのひとつに、友近さんとの「ディラン&キャサリン」でもお馴染み、ザ・プラン9のなだぎ武さんのブログがあります。こちらはmixiではなく、吉本芸人御用達のキャスティで。舞台では うっとおしいキャラクターになったり、顔や動きで笑わせたりしているけど、ブログから感じられるのは正反対のイメージ。 しんとして、内省的で、じわじわと染み入る感じがします。 写真もいいのよね。

ちなみに、10日に更新されたブログのタイトルは「ちょっと嬉しかった事」。『R-1』で優勝して以降の心の葛藤と、それを抱えながらもやり続けてきたことに対する思わぬ反響について書かれています。 BGMはユーミンの『やさしさに包まれたなら』。ああ、さらにじんわり。もしかしたら、あのコンビもそんな経験を…なんて思ったり、思わなかったり。

それにしても『フジヤマ☆スタア』気になるなあ。 レギュラー番組を獲得したFUJIWARAも見たいしなあ。 BSフジあたりでやらないかしら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

告知でござる

連休第2弾でございますなあ~。今回は まったり過ごす皆様方に2つお知らせがあります。

<その1>『おしゃべり いいたより』第2弾を開催します。

3月に行ったオフ会的お楽しみ会『おしゃべり いいたより』の第2回を行います。第1回は不安だらけの開催でしたが、おかげさまで現在も参加者の方々とあちこち出かけたり、お笑い談義に花を咲かせたりしています。前回来られなかった方、心ゆくまでお笑い話をしたい方など、年齢性別問わず、多くの方にご参加いただければと思っています。なお、第2回の日程は6月中旬ごろ。まもなく正式告知と参加募集を開始いたしますので、今しばらくお待ちください(前回『おしゃべり いいたより』についてはコチラ)。
※追記※『おしゃべり~』Vol.2の正式告知&募集を開始しました⇒コチラ

<その2>『落語会』をします。

なんとプロの落語家さんをお呼びして、落語会をやっちゃいます。桂三枝さんのお弟子さんで、現在、バイクで日本一周しながら各地で落語会をしている桂三若さんをお招きすることになりました。旅は4月にスタートし、すでに新潟、山形、秋田、青森での滞在が終了。現在は北海道を回っています。(旅の詳しい様子はコチラ⇒ 三若さんのブログ「桂三若 旅日記」 ※こんなエピソードも⇒ コチラ東京方面にいらっしゃるのは7月ごろです。そこで、その頃にお願いできないか打診したところ、OKの返事をいただきました。

当日は三若さんの落語のほか、皆さんからの質問にお答えいただく時間も設ける予定です。落語にまつわることや、うめだ花月でご一緒の芸人さんの裏話など、普段はなかなか聞けない話が飛び出すかもしれません。今まで興味があっても、寄席に見に行くのはいろいろ心配で二の足を踏んだり、チャンスがなかったり…という方にもお勧めです。

開催日時は7月18日(水)19時から。こちらの参加募集は6月中旬になりますが、事前にご連絡いただいた方にはそれに先行して6月上旬から受付を行います。ご興味のある方はコチラにメールをお送りください(件名は「落語会の件」としてください)。場所は都内です。なお、会場は通常の寄席のような場所ではなく、座席数をそれほど多く設けることができません。早めにご連絡いただけると幸いです。

以上です。

今回もいろいろな方のご協力があってここまで来ました。どちらもたくさんの方々にご参加いただけたらと思っています。どうぞよろしくお願いしますっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)