2008年2月17日 (日)

いよいよ まもなく もうすぐ!

さて、いよいよ『R-1ぐらんぷり 2008』も決勝の日を迎えました。

もっと新顔が選ばれるかなあ…と思っていたけど、意外と冒険なしで間違いのない人たちが決勝に進んだ感じがしました。それでも、過去の決勝進出者に混じって、芋洗坂係長みたいなノーマークのダークホースや、一般的にはまだあまりよく知られていないCOWCOWの山田よしさんがいたり、最近話題の世界のナベアツさんや鳥居みゆきさんがいたりと、まさに「今、見とかなきゃ!」という決勝になりそうな気がします。

昨日の『いよいよR-1ぐらんぷり』(フジテレビ)を見ていると、あべこうじさんは並々ならぬ思いで挑む様子。「『R-1』の「R」は「落語」の「R」なんだから、話芸が優勝しなくてどうする」ということみたいです。もしかしたら、あの熱い思いもある種のポーズというか、そんなとこともあるのかもしれませんが、あべさんならではの漫談で大いに笑わせてほしいと思います。

芋洗坂係長はあっという間に名前が広まり、昨日の『めざましどようび』(フジテレビ)ではテンション時代の映像が流れたり、あべさんが芋洗坂さんの家に行ったりする場面もありました。同期には さまぁ~ずがいるそうなので、芸歴もかなりのもの。決勝でも準決勝でも見せたメタボな体型なのに軽やかな身のこなしを見せるダンスが登場するんでしょうか?

COWCOW山田よしさんは、3度目の挑戦で初の決勝進出。ずっと黒板五郎さんのフリップ漫談をやってきましたが、今年の準決勝では今までの良いとこ取りを見られた気がしました。内容はそれほど変わってないのに、見せ方が面白くなってるんですかね。かつては五郎さんモノマネで『R-1』に臨む人も多かったけど、続けてきたのは よしさんぐらいでしょう。この決勝がコンビとしてのきっかけにもなると良いですね。

世界のナベアツさんはもはや説明無用かも。「3の倍数と3がつく数字でアホになる」で三谷幸喜さんまでもをうならせたわけですが、「3」へのこだわりがそれだけにとどまらないのが「世界の」を冠する所以でしょう。ほかにもフレディ・マーキュリーになったり、声カッターで風船を割ろうとしたりといろいろなバリエーションをお持ちのナベアツさん。決勝はどの「オモロー」なネタで来るのか楽しみです。

土肥ポン太さんは2年連続決勝進出。準決勝は、去年の決勝でもやっていた小道具を使ってボケるネタだったようですが、ただ単にボケるのではなく、それがストーリー仕立てになっているのが土肥さんスタイル。去年の「かっこだつけお」も面白かったけど、今年は面白さに加えてインパクトを期待してみたいです。ちなみに、COWCOWの よしさんとは同期。同期対決的なところも見られるでしょうか。

鳥居みゆきさんは「ヒットエンドラーン!」の人、という感じですが、準決勝ではそれより途中のショートコントが面白かったなあ。テレビでそこまでやることがないので、新鮮に映ったところもあるかもしれません。ああいうスタイルは決勝を行う大阪ではどう捉えられるんでしょうね。会場の反応がどうであれ、ものすごくインパクトを残すことにはなると思いますが。個人的にはこの方を見ると戸川純が浮かんできます(苦笑)。

中山功太さんも あべさん同様3度目の決勝。DJモンブランみたいなポップなネタもある一方、ダークサイドもお持ちですが、準決勝はフリップを使った「対義語」だったとか。去年の『R-1リターンズ』で見ましたが、あれはポップとダークがうまく混じって良いですね。決勝でもそれが見られるかどうか分かりませんが、今回は「『R-1』で決勝に出ても変わった!」となることを祈っています。

そして、なだぎ武さんは言わずもがなの去年の覇者。ディランで大ブレイクしましたが、今年はどんなキャラが来るんでしょう?準決勝は文化祭を企画するコントだったそう。これも去年『1人でできるもんっ!』というイベントで見たんですが、時間が限られても面白さは変わらなかったんでしょうね。去年は決勝で満を持してディランを登場させていたけど、今年はどんな展開になるのやら。

といったわけで、決勝まで4時間を切りました。みんな頑張れ。オモロー、プリーズ。

| | コメント (0)

2008年2月12日 (火)

『R-1ぐらんぷり 2008』決勝進出者

というわけで、発表になりました。今年の『R-1ぐらんぷり』決勝進出者です。

■決勝進出者■

あべこうじ(吉本興業 東京)
芋洗坂係長(トリガープロモーション)
COWCOW山田よし(吉本興業 東京)
世界のナベアツ(吉本興業 東京)
土肥ポン太(吉本興業 大阪)
鳥居みゆき(サンミュージックプロダクション)
中山功太(吉本興業 大阪)
なだぎ武(ザ・プラン9)(吉本興業 大阪)

まずは芋洗坂係長の名前があってビックリ。でも、準決勝も面白かったもんね。検索ワードの数を見ても「この人、誰?」の声が大きいようですが、あちこちのうわさによると、かつてテンションというコンビで活動していた、小浦一雅さんらしいです。ずいぶん風貌が変わられたので半信半疑でしたが、こちらの写真を見るとなるほどそうかも。ちなみに、テンション時代の相方は、現在俳優としてご活躍の田口浩正さん。なつかしいわあ…。

あとは、久しぶりに中山功太さんが選ばれてヨカッタ。もうあんまりブラックなことはやらないのかしら。にしても、楽しみです。COWCOWの山田よしさんも、ずっと黒板五郎さんをやり続けた甲斐がありました。準決勝は、今までの五郎さん総集編みたいな感じだったものね。

てなかんじで、取り急ぎの雑感でした。

| | コメント (2)

2008年2月10日 (日)

モノにするぜ あの恋を

あとでゆっくり…と思っていたけど、頭の中でいろんなことを反すうしてしまうので書いちゃいます。昨日の『R-1』準決勝について。

『R-1ぐらんぷり 2008』準決勝(ルミネtheよしもと)

いや~、面白かった~。バトルとか何とかを抜きにして、みんな本当に面白かった。トップバッターのアントキの猪木さんから会場は大盛り上がりで、「ずっとこれが続くの?」と心配になったぐらいでした(笑)。

昨日の準決勝@東京は、準決勝に進んだ65名のうち、35名が出場。過去の決勝経験者から、最近話題の鳥居みゆきさんや世界のナベアツことジャリズム・渡辺あつむさん、狩野英孝さん、すでにテレビでおなじみのインパルス・板倉さんや森三中・黒沢さんなども登場しました。

終始笑いが絶えることのない戦いでしたが、私としては、名前が知られている芸人さんより、この大会をきっかけにしようとしている人たちのほうが、やりきった感があるというか、出し惜しみがなかったというか、そんな感じがしました。審査員の方々が会場の笑いの量をどう評価するか分かりませんが、受けのよさだけで見れば、もしかすると決勝は新顔が多くなる可能性もあるかもしれません。

個人的に面白かったのは、アップダウン阿部さん、佐久間一行さん、どくろ団さん、バカリズムさん、星野卓也さん、ユリオカ超特Qさん

アップダウン阿部さんは『とんねるずのみなさんのおかげでした』の「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」でもやっていた、「エアロスミス」が「いらっしゃいませ~」になるというような、全然違う2つの言葉が同じように聞こえてしまうネタをやってたけど、「細かすぎて~」で見せた以上の隠し球がちょっとすごかった。思わず拍手まで出るほどの笑いをさらっていました。佐久間さんはライオンを仕留めに行くコント。以前見たことがあったんだけど、いろいろ細かいところがうまく出来てて、やっぱり面白いんだよなあ。昨日は一番最後に登場しましたが、「あー面白かった」という気分のまま帰ることができました。

尺八の音マネでも知られるどくろ団さんは校長先生のコント。避難訓練のあとで生徒たちに話をしているのに、どうやらマイクの調子が悪いようで、所々途切れてしまいます。だから、怒っているのに面白く聞こえたり、ドサクサに紛れて韓国語らしきものが出てきたり。内容が分かるか分からないか、あの微妙な加減が良いですねぇ。バカリズムさん病院がバラエティ番組風だったら…みたいなコント。薬をもらえるかどうかは、最後のダーツにかかってるらしいです(笑)。どこかで見た番組のいろんな要素が入っていて面白かったです。

星野さんは最近テレビでもやっている、いろんな地名を使ったフリップネタ。「もう何度か見たよなあ…」と思っていたけど、言葉の組み合わせが変わっていたり、まだ見たことのないパターンがあったりで、予想は覆されましたユリオカさんはハゲ漫談(苦笑)。ご自身の髪の悩みを語っていましたが、これが面白い。ご自身は途中で耐え切れずに涙を拭いていましたが(笑)、見てるほうは面白くて涙するような内容で。スペイン語では「ペロン」と言うのだそうです。ペロン人。ナイスな響きだけにいっそう悲哀を感じますね(苦笑)。

というわけで、私としては、この人たちが決勝に行ったらちょっと面白いんじゃないかと思います。

おそらく有力候補であろう、友近さん、チュートリアル・徳井さん、博多華丸さんはそれぞれコントをやっていて、もちろんそれぞれ面白かったのだけど、最初にも書いたとおり、判断のポイント次第なのかなあと。友近さんの教習所のオバちゃんも、徳井さんの桑名マサヒロっぽいDJ(でも番組は、小学校のお昼の放送)も、華丸さんのオヤジ丸出しの博多のおっちゃんも、みんな愛すべきキャラなんですけどね。どうでしょうね。博多のおっちゃんは行けるかな?

あとは、芋洗坂係長がやっぱりすごい。マイケル・ジャクソンの『BAD』にいろんな人たちのギャグを織り交ぜ、メタボリックな体型で踊る姿はすばらしいの一言。「およびでない」から「オッパッピー」まで、うまいこと盛り込んでいました。一見、サラリーマンの宴会芸っぽいけど、それだけにとどまらない感じで期待以上でした。昨日は何人かダンスを入れたネタをしてた人たちがいたけど、アレをやられたら勝てませんわ。期待を裏切らないといえば、増谷キートンさんもそう(笑)。兄貴を愛してしまう歌を切々と歌っておられました。何なんでしょうね、アレは。ビバ!強いハート、といったところでしょうか。妙にうまいのがまたポイントで。2人とも決勝に行ったらすごいことですが(笑)、芋洗坂係長はビミョーに期待してしまうなあ…(芋洗坂さんって、かつてコンビで活動してた方でしょうか?昔とはだいぶ見た目が違うけど)。

ほかにもたくさん面白いネタがあり、みんな触れたいところだけど、ここでお時間。明日は大阪で準決勝があり、それを踏まえて決勝進出者が決まります。さて、どうなるでしょうね。

ちなみに、今回の審査員には『ダイナマイト関西』の出場経験を持つ、せきしろさんも名を連ねておられました。ダイアン・西澤さんとの死闘が思い出されるところですが、どんなジャッジをするのか楽しみですね。

| | コメント (0)

2008年2月 9日 (土)

やっちゃえよ 今すぐに

さて、今日からいよいよ『R-1ぐらんぷり 2008』準決勝です。2回戦の感想を全然書けないまま、そしてファンダンゴTVでの放送もほとんど見れないまま、本日を迎えることになってしまいました。なので、雑感としてまとめておきます。

東京2回戦の2日目は会場に足を運んだわけですが、ここでも見たのはほんの一部。ただ、その中に準決勝進出者が3人も入っていたので、ある意味良いとこ取りだったかも。佐久間一行さんのコントダイジェストも、増谷キートンさんの妙なDJも、博多華丸さんのおそらく2年前に出た時にやろうとしていたであろう、イッセー尾形を思わせる、博多弁の1人コントも面白かったものねぇ…。特にキートンさんは『M-1』3回戦に続いて体調がよかったようで、今日の準決勝も是非万全の状態でいらしてほしいと願わずにいられません(笑)。

さて、今年は例年と比べると、準決勝進出者に実力派が揃ったような気がします。今までは準決勝と言えども、会場が凍りつく時も多かったりして(苦笑)、どうも『R-1』の意義さえも危ぶまれる感がありましたが、今年はいつになく楽しみ。本日の東京準決勝には、過去の決勝進出者も多く、それ以外にも今、見たい芸人さんが揃ったような気がします。

個人的には、もちろん有名どころも期待していますが、偶然1回戦で見た芋洗坂係長が気になります。2回戦はチラッとしか映らなかったのでよく分かりませんが、ダンスも交えていたようで、おそらくかなりハジケてたんじゃないかと。見た目は会社勤めというか、小さな町工場でも経営してそうな風貌のオジサンですが、1回戦ではなつかしのディスコ・ミュージック「ジンギスカン」の替え歌で爆笑をさらっていました。素人の方かと思えば、事務所に所属してるんですね。でもこれってモデル事務所?よく分かりませんが、期待しながら見たいと思います。あとは、2年前の決勝進出者の岸学さん(どきどきキャンプ)の『24』のジャック・バウアー ネタも楽しみ。コントのジャックにはどんなピンチが来るのか?あるいは全然来ないのか?(笑)でも、あの男前な声は出来そうで出来ないような気がします。

海外ドラマものと言えば、いつもはデ・ニーロのモノマネをしている、どーよのテルさんが『プリズンブレイク』のティーバッグのまねをしたネタで臨んでて、やっぱりこの辺はみんな見てるんだなあ…と思ったりしました。でも、アナゴさんなどでもおなじみ、声優・若本規夫さんの声真似のネタは去年の『M-1』で唯一アマチュアにして準決勝進出を果たした、志ん茶がやってたからなあ。若本さんネタとして、アナゴさんと『すべらない話』と両方を網羅する技を見てしまうと、すこし期待感が薄れるかもしれないですね。

その他にも2回戦敗退とは言え、面白い人たちがいたのですが、こうして準決勝進出者の顔ぶれを見ると、これから先も1人芸で笑わせてくれそうな期待感というか、裏打ちするものというか、そういったものが少しだけ足りなかったのかなあという気もしたりします。

てなわけで、本日準決勝に行ってきます。いつもと違って新鮮な気持ちで見られそうです(笑)。

※前に『トシガイ』(次長課長・河本さん出演)について書いた記事『あしたのために』を、コチラでご紹介いただきました。ありがとうございま~す。

| | コメント (0)

2008年1月24日 (木)

いとしさと切なさとイトイシゲサト

さあ木曜日です。ということは、木曜日のコイビト・共同ブログ『笑うオトナども』更新日でございます。

今週はcaricoさんが送る関西情報。ルミネtheよしもとで行われているギャグイベント『秒殺』が大阪でも開催されたそうで、今回はそのライブの感想を書いてくれました。楽しい内容だったようですが、その裏にはイベントを主宰するCOWCOW多田さんのいろいろな思いもあったようで。caricoさんも大笑いから帰った後、思わずジーンとしてしまったそうです。何だかこれを見たら3月のCOWCOW単独@ルミネも行こうかという気になりますね。ともあれ、普段ルミネの『秒殺』に出ている人だけでなく、関西のギャガーたちも参戦したこのライブを『笑う~』で脳内体験してみてください。

このライブも芸人さんが1対1で戦って勝者を決めますが、1人で戦う大会と言えば現在絶賛予選開催中の『R-1ぐらんぷり』。今年もたくさんの人たちが参加し、しのぎを削っています。先日の記事で少し書きましたが、私も先週、『LIVE STAND 08』の記者会見の後、1回戦の様子を見てきました。

『R-1ぐらんぷり 1回戦』(TEPCOホール)

この日は あの村上ショージさんの参加も予定されていたのですが、結局キャンセルされた様子。それでも、プロ・アマ問わず、いろんな人たちのピン芸を見ることができ、なかなかに切なく(苦笑)、そして興味深いものがありました。

有名どころでは、「惚れてまうやろ~!」の宴人・チャンカワイさん、インスタントジョンソンのシガニー・ウィーバーにそっくりなスギ。さん(この日のネタもシガニー・ウィーバーもの)、やるせなす・石井さんというか石井ちゃん(笑)、あとは『あらびき団』でおなじみのメグちゃんハリウッド・ザコシショウさんなども出場しました。この中では、残念ながらザコシショウさんが不合格。ミスチル・桜井さん漫談は面白かったんだけどねぇ~。今後もあらびきな方で頑張ってください。

『M-1』同様、『R-1』も1回戦はアマチュアの人たちが多く、緊張のあまり途中でネタを忘れ、客席から「頑張れ!」と声がかかる場面もあったりしました。でも、この日のアマチュア枠で忘れがたいのはオジサンたちの頑張り。オジサンというより、もはやおじいさんに近いぐらいの人たちがいたのだけど、そのマイペースぶりには本当に驚かされます。

金色のマントを背負って「わしが神様じゃ~っ!」と出てくる人もいれば、ステッキを取り出して「ステッキ、ステッキ、素敵」とダジャレを繰り出したかと思えば、「ケーシー高峰もびっくり」とか、モノマネと言えば「ご存知、長谷川一夫の…」とか、「チョイス~っ!」と突っ込みたくなるネタをする人もいました。どちらも不合格だったようですが、2人目の方のほうは、その時代におもねらない感じもすばらしく、個人的にはヒジョーに面白かったです。ただ、一緒に見に行った人とは「お父さんがこんなことやると言い出したらどうしよう…」と言わずにいられなかったわけですけども(苦笑)。

今週末には2回戦も始まります。まずは大阪からですが、『ヨシモト無限大』の1分ネタコーナーに出てくる若手からかなりのベテランまで出場するみたい。名前を見ているだけでも、ちょっとしたキャラクター図鑑という感じですね。『秒殺』@大阪のチャンピオンも出るようですし、以前インタビューをさせていただいた村越周司さんももちろん出場。さらに去年のチャンプ・なだぎ武さんや、そのチャンプと最後まで争った徳井先生もお出になるようです。個人的にはパジャマ出ネル夫こと、野性爆弾・川島さんと、エコ東村さん(まるむし商店)が気になります。東村さんはダジャレなんだろうか?

生で見たい気持ちは山々ですが、『R-1』も2回戦はファンダンゴTVで放映されるようなので、来週を楽しみにしときます。

| | コメント (0)